<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日〜29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間28日、世界選手権は6日目を迎え、全種目の準決勝、混合ダブルスの決勝戦が行われた。男子ダブルスで宇田幸矢/戸上隼輔(ともに明治大)ペアが銅メダル獲得、混合ダブルスに出場していた張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアが準優勝を飾った。

混合ダブルス総括

早田張本
写真:張本智和・早田ひなペア/撮影:ラリーズ編集部

混合ダブルス決勝には張本/早田ペアと王楚欽(ワンチューチン)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)ペアが登場。張本/早田ペアは準決勝で林高遠(リンガオユエン・中国)/チャン・リリー(アメリカ)ペアを、王楚欽/孫穎莎ペアは林昀儒(リンユンジュ)/鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)ペアに勝利してきている。

王楚欽(ワンチューチン・中国)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)
写真:王楚欽(ワンチューチン・中国)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)/撮影:ラリーズ編集部

序盤から王楚欽/孫穎莎ペアがレシーブで優位に立ち、第1ゲーム、第2ゲームを連取した。後がない張本/早田ペアはツッツキやフリックで打たせる展開にシフトするが、対応力で勝る中国ペアが3ゲーム目を勝ち取り優勝を決めた。

張本/早田ペアは初出場で初のメダル、混合ダブルスでは日本勢は4大会連続のメダル獲得となった。

6日目シングルス

樊振東
写真:樊振東(ファンジェンドン・中国)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス準決勝では樊振東(ファンジェンドン・中国)が今大会3度目の中国勢対決に臨んだ。梁靖崑(リャンジンクン・中国)に対して得意のバックハンドを軸に得点を重ね3ゲーム連取する。梁靖崑も1ゲームを返すが、第5ゲームのデュースを樊振東が制した。

写真:トルルス・モーレゴード(スウェーデン)/撮影:ラリーズ編集部
写真:トルルス・モーレゴード(スウェーデン)/撮影:ラリーズ編集部

もう一方の準決勝では、トルルス・モーレゴード(スウェーデン)とティモ・ボル(ドイツ)が対戦。互いに2ゲームずつ取り合い、第5ゲームのデュースをボルが制して王手をかけたが、モーレゴードが後2ゲームを取り返して逆転勝ちを決めた。

王曼昱(ワンマンユ・中国)
写真:王曼昱(ワンマンユ・中国)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルス準決勝は中国勢4名によって行われ、王曼昱(ワンマンユ・中国)と孫穎莎が勝利して決勝に進んだ。

6日目男女ダブルス

宇田幸矢/戸上
写真:宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルス準決勝では宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)ペアが張禹珍(チャンウジン)/林鐘勲(イムジョンフン・韓国)ペアと対戦。第1ゲームを宇田/戸上が制し、そのままの勢いで勝利したかったが韓国ペアが即座に対応し後3ゲームを連取した。宇田/戸上は初出場で銅メダル獲得となった。

マティアス・ファルク、クリスチャン・カールソン
写真:マティアス・ファルク/クリスチャン・カールソン(スウェーデン)/撮影:ラリーズ編集部

もう1つの準決勝では、クリスチャン・カールソン/マティアス・ファルク(スウェーデン)ペアが登場。林高遠/梁靖崑(中国)ペア相手にカールソンのカウンターが炸裂し、3-0のストレートで勝利する大金星を挙げた。

伊藤早田
写真:伊藤美誠(スターツ)・早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

女子ダブルス準決勝には伊藤美誠(スターツ)/早田ひなペアが登場。陳夢(チェンムン)/銭天一(チェンティエンイ・中国)ペアに1-2と追い込まれるが、早田がチャンスメイクし、伊藤がスマッシュで決める展開が得点につながり、2ゲーム連取して勝利を決めた。2大会連続の決勝進出となった。

写真:王曼昱(ワンマンユ)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)/撮影:ラリーズ編集部
写真:王曼昱(ワンマンユ)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)/撮影:ラリーズ編集部

一方、王曼昱/孫穎莎(中国)ペアは、ベテランの倪夏蓮(ニーシャーリエン)/デヌッテ・サラウ(ルクセンブルク)ペアと対戦し、3-0のストレートで勝利を飾った。王曼昱/孫穎莎(中国)ペアもまた2大会連続の決勝進出を決めている。

最終日となる29日には、男女シングルス、男女ダブルスで決勝戦が行われる。

最終日見どころ

写真:伊藤美誠(スターツ)・早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部
写真:伊藤美誠(スターツ)・早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

女子ダブルス決勝は2019年大会と同じ組み合わせとなった。伊藤/早田が勝てば、日本勢では国際ペア以外で1967年の森沢幸子/広田佐枝子ペア以来54年ぶりの女子ダブルス優勝となる。

王曼昱(ワンマンユ)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)
写真:王曼昱(ワンマンユ)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)/撮影:ラリーズ編集部

王曼昱/孫穎莎は攻撃力がとても高く、準々決勝で石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)ペアにも勝利している。日本勢期待の金メダルへ、みまひなペアが勝利なるか。

写真:マティアス・ファルク/クリスチャン・カールソン(スウェーデン)/撮影:ラリーズ編集部
写真:マティアス・ファルク/クリスチャン・カールソン(スウェーデン)/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルス決勝は、1989年以来32年ぶりに中国勢以外のペアによって行われる。カールソン/ファルクペアはスウェーデン勢31年ぶり、張禹珍/林鐘勲ペアは韓国勢初の男子ダブルス優勝をかけ激突する。

ジャンイム
張禹珍(チャンウジン)/林鐘勲(イムジョンフン・韓国)ペア/撮影:ラリーズ編集部

中国勢を2度撃破したスウェーデンペア、アジアの主力ペアに勝利してきた韓国ペア、栄冠はどちらに輝くか。

写真:樊振東(ファンジェンドン・中国)/撮影:ラリーズ編集部
写真:樊振東(ファンジェンドン・中国)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス決勝は第1シードの樊振東と、強豪を次々と撃破してきたモーレゴードによる、2019年大会の馬龍(マロン・中国)対ファルク(スウェーデン)に続くスウェーデン対中国の試合となった。

写真:トルルス・モーレゴード(スウェーデン)/撮影:ラリーズ編集部
写真:トルルス・モーレゴード(スウェーデン)/撮影:ラリーズ編集部

ともに次世代の王者をかけた対戦となるが、どちらに勝利の女神がほほ笑むか。モーレゴードは、1997年大会のヤン=オベ・ワルドナー(スウェーデン)以来の優勝を目指す。

写真:孫穎莎(スンイーシャ・中国)/撮影:ラリーズ編集部
写真:孫穎莎(スンイーシャ・中国)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルス決勝は王曼昱と孫穎莎によって行われる。こちらも中国の新たな主力として、今後も日本代表をはじめ多くの選手の前に立ちはだかる2選手だ。互いに男子選手のようなパワーのある攻撃を持ち味とするが、激闘を制すのはどちらだ。

混合ダブルス最終成績

1位 王楚欽/孫穎莎(中国)

王楚欽/孫穎莎
写真:王楚欽/孫穎莎(中国)/撮影:ラリーズ編集部

2位 張本智和/早田ひな

早田ひな、張本智和
写真:張本智和・早田ひな/撮影:ラリーズ編集部

3位 林高遠(中国)/チャン・リリー(アメリカ)

写真:チャン・リリー(アメリカ)/林高遠(リンガオユエン・中国)/撮影:ラリーズ編集部
写真:チャン・リリー(アメリカ)/林高遠(リンガオユエン・中国)/撮影:ラリーズ編集部

3位 林昀儒(リンユンジュ)/鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)

林昀儒(リンユンジュ)/鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)
写真:林昀儒(リンユンジュ)/鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)/撮影:ラリーズ編集部

5日目 結果

男子シングルス準決勝

〇樊振東(中国) 4-1 梁靖崑(中国)
〇トルルス・モーレゴード(スウェーデン) 4-3 ティモ・ボル(ドイツ)

女子シングルス準決勝

〇王曼昱(中国) 4-3 陳夢(中国)
〇孫穎莎(中国) 4-1 王藝迪(中国)

男子ダブルス準決勝

宇田幸矢/戸上隼輔 1-3 張禹珍/林鐘勲(韓国)〇
〇クリスチャン・カールソン/マティアス・ファルク(スウェーデン) 3-2 林高遠/梁靖崑(中国)

女子ダブルス準決勝

〇伊藤美誠/早田ひな 3-2 陳夢/銭天一(中国)
〇王曼昱/孫穎莎(中国) 3-0 倪夏蓮/デヌッテ・サラウ(ルクセンブルク)

混合ダブルス準決勝

〇張本智和/早田ひな 3-1 林高遠(中国)/チャン・リリー(アメリカ)
〇王楚欽/孫穎莎(中国) 3-1 林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

混合ダブルス決勝

張本智和/早田ひな 0-3 王楚欽/孫穎莎(中国)〇

最終日 試合予定

男子シングルス決勝

樊振東(中国) – トルルス・モーレゴード(スウェーデン)

女子シングルス決勝

陳夢(中国) – 孫穎莎(中国)

男子ダブルス決勝

クリスチャン・カールソン/マティアス・ファルク(スウェーデン) – 張禹珍/林鐘勲(韓国)

女子ダブルス決勝

伊藤美誠/早田ひな – 王曼昱/孫穎莎(中国)

文:ラリーズ編集部