<卓球・令和4年度関西学生春季リーグ戦 日程:4月30日〜5月3日、5月7日〜8日、15日 場所:YMITアリーナ、いきいきランド交野、金岡公園体育館>

4月30日から、令和4年度関西学生春季リーグ戦(以下、春リーグ)が開幕する。新型コロナウイルスの影響により2年連続で開催が見送られていたこともあり、今大会は3年ぶりの開催となる。

今回はそんな春リーグの見どころを紹介する。

男子1部リーグ見どころ

男子1部リーグの優勝候補筆頭は、春リーグ5年連続優勝中の関西学院大学だ。

葛西啓功
写真:葛西啓功(関西学院大)/撮影:ラリーズ編集部

今年の関西学院大は、新人戦と関西学生選手権王者の吉田勝紀、新人戦王者の天野一樹と葛西啓功らの関西チャンピオンに加え、名門・明徳義塾高校出身の藤木大輔など、関西はもちろん、全国でもトップレベルの戦力を揃えている。今回優勝すれば、関西学院大にとっては初の春リーグ6連覇となるだけに、気合いは十分だ。

2020年の秋季関西学生卓球リーグ戦で優勝した同志社大学も注目だ。

田口
写真:田口義仁(同志社大)/撮影:ラリーズ編集部

先日の新人戦で25年ぶりの団体戦優勝を果たした同志社大は、2020年の秋リーグ王者でもある。秋リーグを制した上級生と新人戦を制した1年生の融合で、1984年大会以来の春リーグ優勝を目指す。

その他、1部リーグ所属校は龍谷大学、立命館大学、関西大学、大阪経済法科大学、近畿大学、京都産業大学となっている。なお、京都産業大学は今大会の棄権を発表している。

女子1部リーグ見どころ

女子1部リーグの優勝候補は、2020年の秋季リーグで全勝優勝を果たした神戸松蔭女子学院大学だ。

鶴岡美菜(神戸松蔭女子学院大)
写真:鶴岡美菜(神戸松蔭女子学院大)/撮影:ラリーズ編集部

全日本選手権シングルスベスト32の木塚陽菜や、昨シーズンのTリーグに参戦した枝廣瞳と鶴岡菜月ら上級生に加え、新人戦2冠を達成した鶴岡美菜を擁する神戸松蔭女子学院大は、選手層の厚さでは頭一つ抜けている。2020年の秋リーグ以降、リーグ戦は行われていないことから、同校は今大会で優勝すれば、2020年秋リーグからの連続優勝となる。

村田咲紀(関西学院大)
写真:村田咲紀(関西学院大)/撮影:ラリーズ編集部

前回の春リーグ優勝校の関西学院大大学も見逃せない。令和元年度の春・秋両方のリーグを制した関西学院大は、エースの村田咲紀(関西学院大)を筆頭に、全日本選手権混合ダブルスベスト16の津隈愛佳ら実力者を揃える。関西学院大の男子と共に、アベック優勝並びに連覇を狙う。

その他、1部リーグ所属校は同志社大学、立命館大学、近畿大学、武庫川女子大学、京都産業大学となっている。なお、京都産業大学は今大会の棄権を発表している。

令和4年度関西学生春季リーグ戦男子1部リーグ出場校

関西学院大学
同志社大学
龍谷大学
立命館大学
関西大学
大阪経済法科大学
近畿大学
京都産業大学 ※棄権

令和4年度関西学生春季リーグ戦女子1部リーグ出場校

神戸松蔭女子学院大学
関西学院大学
同志社大学
立命館大学
龍谷大学
近畿大学
武庫川女子大学
京都産業大学 ※棄権

令和4年度関西学生春季リーグ戦男子2部リーグ出場校

神戸大学
甲南大学
佛教大学
天理大学
流通科学大学
大阪成蹊大学

令和4年度関西学生春季リーグ戦女子2部リーグ出場校

天理大学
大阪樟蔭女子大学
関西大学
千里金蘭大学
大阪成蹊大学
芦屋大学 ※棄権

令和4年度関西学生春季リーグ戦男子3部リーグ出場校

Aリーグ

大阪公立大学
滋賀大学
大阪商業大学
追手門学院大学
桃山学院大学
兵庫県立大学

Bリーグ

京都大学
摂南大学
阪南大学
大阪経済大学
芦屋大学
大阪大学

令和4年度関西学生春季リーグ戦女子3部リーグ出場校

Aリーグ

神戸大学
流通科学大学
兵庫県立大学
京都教育大学
京都大学
佛教大学

Bリーグ

大阪公立大学
梅花女子大学
大阪教育大学
甲南大学
京都華頂大学
大阪大学

令和4年度関西学生春季リーグ戦男子4部リーグ出場校

Aリーグ

神戸学院大学
大阪工業大学
兵庫教育大学
京都工芸繊維大学
神戸常盤大学
大阪電気通信大学

Bリーグ

京都教育大学
関西外国語大学
和歌山大学
大阪教育大学
京都府立大学

Cリーグ

びわこ成蹊スポーツ大学
四天王寺大学
奈良教育大学
奈良大学
大阪学院大学

令和4年度関西学生春季リーグ戦女子4部リーグ出場校

奈良女子大学
兵庫教育大学
奈良教育大学
京都府立大学
神戸常盤大学
和歌山大学

文:ラリーズ編集部