<卓球・令和4年度関東学生新人選手権大会 日程:4月29日〜30日、5月13日 場所:座間市立市民体育館、所沢市民体育館>

関東学生春季リーグ真っ只中の13日、関東学生新人選手権大会の男子シングルス準決勝が行われた。4月29日、30日に行われた新人戦が、体育館の使用時間の都合上終わらなかったため、本日行われている。

残っていた準決勝は中田泰成(中央大1年・上宮高出身)が、新名亮太(日本大1年・明徳義塾高出身)とのフルゲームデュースの激戦を制し、決勝進出を決めた。決勝ではすでに30日で決勝進出を決めていた濵田一輝(早稲田大)と対戦する。

また、女子シングルス決勝は吉岡桜子(中央大1年・正智深谷高出身)と香取位圭(中央大1年・正智深谷高出身)の中央大対決となる。

男子シングルス準決勝結果

新名亮太
写真:新名亮太(日本大)/撮影:ラリーズ編集部

鈴木笙(筑波大学)1-3 濵田一輝(早稲田大学)〇 ※4月30日に終了

新名亮太(日本大学) 2–3 中田泰成(中央大学)〇 ※5月13日実施
11-9/13-11/10-12/9-11/10-12

男子シングルス決勝

濵田一輝(早稲田大) – 中田泰成(中央大学)

女子シングルス決勝

吉岡桜子(中央大学) – 香取位圭(中央大学)

文:ラリーズ編集部