<卓球・WTTユースコンテンダープラッジャ・ダロ 日程:5月24日〜30日 場所:スペイン・プラッジャ・ダロ>

30日、WTTユースコンテンダープラッジャ・ダロの全日程が終了。張本美和(木下アカデミー)がU19、U17女子シングルスで優勝し、WTTユースコンテンダーベルリンに引き続き、2冠を達成した。

張本美和が2大会連続の2冠

WTTユースコンテンダーベルリンのU19とU17を制した張本は今大会もU19とU17に参加。国際大会2連勝のプレッシャーもかかる中、両種目で予選リーグから決勝まで1ゲームも落とさないオールストレート勝利という圧巻の強さを見せつけ、国際大会2連続での2冠に輝いた。

高森愛央(ミキハウスJSC)
写真:高森愛央(ミキハウスJSC)/提供:WTT

また、張本以外にも小塩悠菜(星槎中)はU17で準優勝、高森愛央(ミキハウスJSC)はU15で準優勝、香取悠珠子(星槎中)はU13で優勝と、日本勢は軒並み好成績を収めた。

松島輝空がU17で2大会連続V

WTTユースコンテンダーベルリンでU19準優勝、U17優勝の松島輝空(木下アカデミー)は、今大会もU19とU17に出場した。

松島輝空(木下アカデミー)
写真:松島輝空(木下アカデミー)/提供:WTT

U19では準決勝で敗れてベスト4に終わるも、U17では決勝で世界ユースランキング6位のルーマニア選手を下し、見事2大会連続の優勝を飾った。また、U15では吉山和希(愛工大名電中)が同じく2大会連続で優勝、U13では川上流星(星槎中)が国際大会個人戦で初優勝を成し遂げた。

この結果から、日本勢は今大会男女計10種目中6種目で優勝を果たし、新世代の台頭を期待させるような結果を残した。

日本選手結果一覧

U19男子シングルス

松島輝空(木下アカデミー):ベスト4

U19女子シングルス

面手凛(山陽学園中)
写真:面手凛(山陽学園中)/提供:WTT

張本美和(木下アカデミー):優勝
面手凛(山陽学園中):ベスト4
小塩悠菜(星槎中):ベスト8

U17男子シングルス

松島輝空(木下アカデミー):優勝
吉山和希(愛工大名電中):ベスト8
渡部民人(星槎中):べスト32

U17女子シングルス

小塩悠菜(星槎中)
写真:小塩悠菜(星槎中)/提供:WTT

張本美和(木下アカデミー):優勝
小塩悠菜(星槎中):準優勝
青木咲智(ミキハウスJSC):ベスト4
面手凛(山陽学園中):ベスト4
高森愛央(ミキハウスJSC):ベスト8

U15男子シングルス

渡部民人(星槎中)
写真:渡部民人(星槎中)/提供:WTT

吉山和希(愛工大名電中):優勝
川上流星(星槎中):ベスト4
渡部民人(星槎中):ベスト8

U15女子シングルス

青木咲智(ミキハウスJSC)
写真:青木咲智(ミキハウスJSC)/提供:WTT

高森愛央(ミキハウスJSC):準優勝
青木咲智(ミキハウスJSC):ベスト4
香取悠珠子(星槎中):ベスト8

U13男子シングルス

川上流星(星槎中):優勝

U13女子シングルス

香取悠珠子(星槎中)
写真:香取悠珠子(星槎中)/提供:WTT

香取悠珠子(星槎中):優勝

U11男子シングルス

※日本勢の出場はなし

U11女子シングルス

※日本勢の出場はなし

文:ラリーズ編集部