今夏から、ドイツ・ブンデスリーガでプレーする神巧也(ファースト)。
その前に、ファースト所属選手として挑む、日本での全日本実業団選手権大会に照準を絞っている。

神巧也
写真:神巧也(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

かつてのファーストの印象

――今年、ファースト所属として全日本実業団を戦う神選手ですが、かつてシチズン時計に所属していた頃、ファーストというのはどういう印象のチームでしたか。
神巧也:どこのチームより、プレッシャーがあるチームでしたね。岸川(聖也)さんがいて、当時は、吉村真晴がいて大島祐哉がいて。圧があって、対戦するのは嫌なチームでした(笑)。

神巧也
写真:神巧也(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

――所属してみてから印象は変わりましたか。
神巧也:チームに入ると、やっぱり浜野社長の卓球に対する情熱、愛情を間近で感じることができるので、その思いに応えたいという気持ちになります。
――岸川さんはじめ、かつて所属したT.T彩たまや青森山田時代の同志たちも多いですね。
神巧也:ファーストの門を叩くのは“初めまして”だったんですが、入ってみたら馴染みのメンバーばかりで(笑)、ストレスは全くないです。

ファースト卓球部のメンバー
写真:ファースト卓球部のメンバー/撮影:ラリーズ編集部

背景がそれぞれ違うメンバーだからこそ

――神さんは、チーム戦に燃えるイメージがあります。
神巧也:もちろんです。特に、今回はみんなそれぞれ背景が違うんです。

僕はずっとプロ選手としてやってきて、夏からドイツに行く前に日本でチャンスをもらえた。

例えば、大矢(英俊)さんなら、ファーストの社員としてコーチ業をやりながら現役選手としてもチャレンジしている。コーチをしながらも現役でも全国でまだまだやれる、そんな姿をこのチームで体現できれば、卓球業界に風穴を開けられるんじゃないかって思っています。

そういう人たちと一緒に戦って、勝ちたい。

みんなそれぞれ違う点と点なんですけど、向かう方向は一緒なので楽しいです。

大矢英俊(左)と神巧也(右)
写真:大矢英俊(左)と神巧也(右)/撮影:ラリーズ編集部

ファースト卓球部であることの使命

――中堅世代の選手が多いファーストですが、浜野社長が、選手のステージが変わるときにサポートができる場所でありたいと言っていました。
神巧也:例えば、僕は今年30歳の年です。Tリーグができる前だったら、30歳近くなったら選手を辞めて会社に入って、というのが主流でした。

いま、Tリーグができて、独立する人も増えましたが、でも勝負の世界なので、やっぱりやれるのは一握りの選手です。

かつて僕が会社を辞めてプロに挑戦したとき“いかにこれまで会社に守られてきたか”を感じました。独立すると、来年のこともわからない。

――そうですね。
神巧也:僕はそれを実感してきたので、一企業が、卓球に情熱と愛情をかけて、こんなにも選手をサポートしてくれて、というのは本当にありがたいと思っています。

まずは僕らが活躍して、卓球スクールを含めファーストの卓球事業を成功させることが、僕らの使命だと思っています。

それを見て“ファーストみたいなやり方いいね”って思ってくれる企業が一つでも二つでも出てくれば、卓球選手の雇用も増えるし、日本の卓球界に良い刺激が与えられると思うので、そういうふうになってくれたら嬉しいなと思います。

神巧也
写真:神巧也(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

ファーストにはみんな向かってくる

――神さん個人としての調整は順調ですか。
神巧也:スロベニアオープンが自主参加できなかったりして、本当は1回試合をしてから全日本実業団に臨みたかったのはあります。

ただ、それは仕方ないことなので、今からいろんなところに出向いて、練習試合というか“道場破り”というか(笑)、試合に近い形の練習を多く行う予定です。

神巧也
写真:神巧也(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

――全日本実業団に向けて、チームのみなさんの熱が高まっているのを感じます。
神巧也:特にファーストは日本リーグも出ていない、Tリーグでもないので、この全日本実業団だけなんです。

特別ですよね、やっぱり。

神巧也
写真:神巧也(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

神巧也:ただ、僕もかつてシチズン時計の頃、この全日本実業団に4、5回出てるからわかるんですが、この大会はそんなに簡単じゃない。僕も1回しか優勝できていません。

特に、ファーストにはどのチームもみんな向かってくるので、僕らも受けるのではなく、こっちから向かっていくガッツを見せたいと思っています。
チームにも僕はそれを求められているのかもしれない。

チームメイトも強くて信頼しているので、その先には優勝が待っていると思います。

神巧也
写真:神巧也(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

取材・文:槌谷昭人(ラリーズ編集長)