<卓球・WTTフィーダーオトーチェッツ 日程:6月20日〜26日 場所:オトーチェッツ(スロベニア)>

22日、WTTフィーダーオトーチェッツは3日目を迎え、男女シングルス予選3回戦、ダブルスの予選2回戦が行われた。

吉村が単複で予選突破

男子シングルス予選3回戦には3年ぶりに国際大会に復帰した吉村真晴(愛知ダイハツ)が登場し、本戦出場をかけてPARK Gyeongtae(韓国)と対戦した。試合は吉村がペースを掴んだまま進み、ゲームカウント3-0のストレートで勝利。予選を突破し、男子シングルスの本戦出場権を獲得した。

写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)と戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)と戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

また、戸上隼輔(明治大)と組んで出た男子ダブルス予選2回戦では、ベネデック・オラー/Alex NAUMI(フィンランド)ペアに3-1で勝利。こちらも本戦出場を決めた。一方、横谷晟(愛知工業大)/松島輝空(木下アカデミー)ペアはポーランドペアにフルゲームまで迫るも勝ちきれず、予選敗退となった。

本戦1回戦見どころ

横谷晟(愛知工業大)
写真:横谷晟(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

予選を突破した吉村は、若手実力派の林兆恒(リンチャンフン・中国香港)と対戦する。他に、横谷は中国の若手・CHEN Yuanyuと、篠塚大登(愛知工業大)はニマ・アラミヤン(イラン)と初戦で激突する。

張本美和
写真:張本美和(木下アカデミー)/提供:WTT

女子シングルスでは平野美宇(木下グループ)や佐藤瞳(ミキハウス)ら世界選手権日本代表選手に加え、小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)や張本美和(木下アカデミー)といったジュニア世代のホープが登場する。全員が白星スタートを飾れるか見物だ。

写真:篠塚大登(愛知工業大)と及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:篠塚大登(愛知工業大)と及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルスに出場する戸上/吉村ペア、篠塚/及川瑞基(木下グループ)ペアはともにカザフスタンのペアに挑む。4名ともシングルス出場者であることから2冠も期待されており、その期待に応えることはできるか。

写真:黄鎮廷/杜凱琹(中国香港)/提供:WTT
写真:黄鎮廷/杜凱琹(中国香港)/提供:WTT

海外勢では、女子ダブルスに李皓晴(リホチン)/蘇慧音(スーワイヤムミニー・中国香港)ペア、混合ダブルスに世界ランク5位の黄鎮廷(ウォンチュンティン)/杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港)ペア、張禹珍(チャンウジン)/田志希(チョンジヒ・韓国)ペアらが1回戦から登場する。

22日日本選手試合結果

男子シングルス予選3回戦

〇吉村真晴(愛知ダイハツ)3-0 PARK Gyeongtae(韓国)
11-8/11-9/11-9

男子ダブルス予選2回戦

〇戸上隼輔(明治大)/吉村真晴(愛知ダイハツ)3-1 ベネデック・オラー/Alex NAUMI(フィンランド)
11-8/11-5/5-11/11-7

横谷晟(愛知工業大)/松島輝空(木下アカデミー)2-3 サムエル・クルチツキ/Maciej KUBIK(ポーランド)〇
9-11/9-11/14-12/12-10/5-11

22日日本選手試合予定

男子シングルス1回戦

篠塚大登(愛知工業大)- ニマ・アラミヤン(イラン)

吉村真晴(愛知ダイハツ)- 林兆恒(リンチャンフン・中国香港)

横谷晟(愛知工業大)- CHEN Yuanyu(中国)

戸上隼輔(明治大)- アンソニー・アマルラージ(インド)

及川瑞基(木下グループ)- Borgar HAUG(ノルウェー)

女子シングルス1回戦

張本美和(木下アカデミー)- Anna HURSEY(ウェールズ)

平野美宇(木下グループ)- カタジナ・グジボフスカ(ポーランド)

小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)- LEE Hoi Man Karen(中国香港)

佐藤瞳(ミキハウス)- YOON Hyobin(韓国)

男子ダブルス1回戦

戸上隼輔(明治大)/吉村真晴(愛知ダイハツ)- Aidos KENZHIGULOV/Alan KURMANGALIYEV(カザフスタン)

篠塚大登(愛知工業大)/及川瑞基(木下グループ)- Iskender KHARKI/Denis ZHOLUDEV(カザフスタン)

文:ラリーズ編集部