<前期日本卓球リーグ和歌山大会 日程:6月22日〜26日 場所:和歌山ビッグホエール>

23日、2022年前期日本卓球リーグ和歌山大会は2日目を迎えた。今大会には日本リーグ所属の選手に加えて、ゴールド選手として多数の実力者が参加している。

1部リーグも開幕

田中佑汰
写真:田中佑汰(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

23日は、男女1部リーグの試合も幕を開けた。男子では、昨年のJTTLファイナル4準優勝の愛知工業大学は、田中佑汰の単複2点取りの活躍で初陣を白星で飾った。

写真:松平賢二(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部
写真:松平賢二(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

他にも粒ぞろいの協和キリンや、ゴールド選手の大島裕哉擁する日鉄物流ブレイザーズも勝利を挙げ、好スタートを切った。なお、男子2部では朝日大学が唯一の5戦全勝で、23日終了時点で単独トップに躍り出た。

写真:森田彩音(デンソー)/撮影:ラリーズ編集部
写真:森田彩音(デンソー)/撮影:ラリーズ編集部

女子1部リーグでは、中国電力とサンリツが1勝を挙げスタートダッシュに成功した。一方で、石川佳純擁する昭和電工マテリアルズはデンソーとの接戦をものにできず黒星となった。

写真:松澤帆乃果(百十四銀行)/撮影:ラリーズ編集部
写真:松澤帆乃果(百十四銀行)/撮影:ラリーズ編集部

女子2部では百十四銀行が3勝0敗、豊田自動織機、広島日野自動車、オークワが2勝0敗で並ぶ混戦状態となっている。24日には1部、2部でそれぞれ2試合ずつ行われる。

24日試合予定

9:30開始

瀬戸内スチール – 豊田自動織機
朝日大学 – JR北海道
関西卓球アカデミー – 琉球レオフォルテ
協和発酵バイオ – トヨタ自動車
ケアリッツ・アンド・パートナーズ – 関西学院大学

※以上男子2部

豊田自動織機 – 朝日大学
広島日野自動車 – クローバー歯科フェアリーズ
オークワ – JR北海道

※以上女子2部

11:30開始

サンリツ – 愛媛銀行
中国電力 – エクセディ
昭和電工マテリアルズ – 神戸松蔭女子学院大学
十六銀行 – デンソー

※以上女子1部

協和キリン – 日野キングフィッシャーズ
愛知工業大学 – リコー
日鉄物流ブレイザーズ – クローバー歯科カスピッズ
シチズン時計 – 信号器材

※以上男子1部

13:30開始

豊田自動織機 – 広島日野自動車
百十四銀行 – オークワ
JR北海道 – クローバー歯科フェアリーズ

※以上女子2部

琉球レオフォルテ – 関西学院大学
瀬戸内スチール – 関西卓球アカデミー
朝日大学 – 豊田自動織機
JR北海道 – トヨタ自動車
協和発酵バイオ – ケアリッツ・アンド・パートナーズ

※以上男子2部

15:30開始

協和キリン – クローバー歯科カスピッズ
愛知工業大学 – 信号器材
日鉄物流ブレイザーズ – 日野キングフィッシャーズ
シチズン時計 – リコー

※以上男子1部

サンリツ – 神戸松蔭女子学院大学
中国電力 – デンソー
昭和電工マテリアルズ – 愛媛銀行
十六銀行 – エクセディ

※以上女子1部

男子1部戦績(23日終了時点)

愛知工業大学 1勝0敗
協和キリン 1勝0敗
日鉄物流ブレイザーズ 1勝0敗
シチズン時計 1勝0敗
クローバー歯科カスピッズ 0勝1敗
信号機材 0勝1敗
リコー 0勝1敗
日野キングフィッシャーズ 0勝1敗

女子1部戦績(23日終了時点)

中国電力 1勝0敗
サンリツ 1勝0敗
昭和電工マテリアルズ 0勝1敗
十六銀行 0勝1敗
神戸松蔭女子学院大学 1勝0敗
デンソー 1勝0敗
エクセディ 0勝1敗
愛媛銀行 0勝1敗

男子2部戦績(23日終了時点)

朝日大学 5勝0敗
瀬戸内スチール 4勝1敗
関西卓球アカデミー 4勝1敗
豊田自動織機 3勝2敗
JR北海道 3勝2敗
協和発酵バイオ 2勝3敗
トヨタ自動車 0勝5敗
ケアリッツ・アンド・パートナーズ 1勝4敗
琉球レオフォルテ 0勝5敗
関西学院大学 3勝2敗 ※スポット参戦

女子2部戦績(23日終了時点)

百十四銀行 3勝0敗
豊田自動織機 2勝0敗
広島日野自動車 2勝0敗
オークワ 2勝0敗
朝日大学 0勝3敗
JR北海道 0勝3敗
クローバー歯科フェアリーズ 0勝3敗

ゴールド選手登録メンバー

大島祐哉(日鉄物流ブレイザーズ)
龍崎東寅(クローバー歯科カスピッズ)
石川佳純(昭和電工マテリアルズ)
小西海偉(関西卓球アカデミー)
安藤みなみ(広島日野自動車)

文:ラリーズ編集部