<2022年度 北斗電気設備 前期日本卓球リーグ和歌山大会入れ替え戦 日程:7月22日 場所:DMGMORIアリーナ>

22日、2022年度前期日本卓球リーグ和歌山大会の入れ替え戦が行われ、1部7位のエクセディと2部2位の広島日野自動車が対戦した。

男子の関西卓球アカデミーが棄権を発表していたため、この日は女子の入れ替え戦のみが行われた。

第1マッチはエクセディから竹前裕美子、広島日野自動車から松永美咲が登場し、ゲームカウント3-0で竹前が勝利を挙げ、エクセディが先勝する。

安藤みなみ
写真:安藤みなみ(広島日野自動車)/撮影:ラリーズ編集部

続く第2マッチは、エクセディから玉石美幸、広島日野自動車からはゴールド選手の安藤みなみが登場。前期日本リーグでもチームをけん引する活躍を見せた安藤だったが、この試合では玉石の強さが光った。フルゲームにもつれる接戦となるも最後は玉石が勝ち切り、エクセディに貴重な2勝目をもたらした。

そして、第3マッチのダブルスもエクセディの玉石美幸/玉石幸穂ペアが高橋優花/松永美咲ペアを下して、マッチカウント3-0でエクセディの勝利が確定。玉石美幸の単複2勝の活躍で、エクセディが日本リーグ1部残留を決めた。

2022年度前期日本卓球リーグ和歌山大会入れ替え戦

男子:〇協和キリン(1部7位)W-L 関西卓球アカデミー(2部2位)

※関西卓球アカデミーの棄権により協和キリンが不戦勝、1部残留

女子:〇エクセディ(1部7位)3-0 広島日野自動車(2部2位)

〇竹前裕美子 3-0 松永美咲
〇玉石美幸 3-2 安藤みなみ
〇玉石美幸/玉石幸穂 2-1 高橋優花/松永美咲

※エクセディが1部残留

文:ラリーズ編集部