<卓球・南アメリカ選手権 日程:7月21日〜27日 場所:ペレイラ(コロンビア)>

27日、南アメリカ選手権の全種目が終了し、東京五輪女子ブラジル代表のキャロライン・クマハラが女子団体、女子シングルス、女子ダブルスの3種目で優勝を飾った。

女子団体では第1シードのブラジルと第2シードのチリが決勝に勝ち上がり、マッチカウント3-2の激戦を制してブラジルが優勝を飾った。

また、ブラジル女子団体代表のメンバーであるクマハラは、女子シングルスと女子ダブルスでも決勝進出を果たし、両種目ともに同士討ちを制して優勝に輝いた。この結果から、クマハラは3冠を達成した。

ニコラス・ブルゴス(チリ)
写真:ニコラス・ブルゴス(チリ)/提供:コロンビア卓球協会

男子では、20歳のニコラス・ブルゴス(チリ)がシングルスとダブルスで優勝を飾った。

南アメリカ選手権

男子団体

1位:アルゼンチン
2位:ブラジル
3位:コロンビア、チリ

女子団体

1位:ブラジル
2位:チリ
3位:アルゼンチン、コロンビア

男子シングルス

1位:ニコラス・ブルゴス(チリ)
2位:ガストン・アルト(アルゼンチン)
3位:サンティアゴ・ロレンツォ(アルゼンチン)、ラファエル・トゥリーニ(ブラジル)

女子シングルス

1位:キャロライン・クマハラ(ブラジル)
2位:ローラ・ワタナベ(ブラジル)
3位:ダニエラ・オルテガ(チリ)、ジュリア・タカハシ(ブラジル)

男子ダブルス

1位:ニコラス・ブルゴス/グスターボ・ゴメス(チリ)
2位:ホラシオ・シフェンテス/ガストン・アルト(アルゼンチン)
3位:DUFFOO Felipe/HIDALGO Rodrigo(ペルー)/RIOFRIO Emiliano/PIGUAVE Diego(エクアドル)

女子ダブルス

1位:キャロライン・クマハラ/ジュリア・タカハシ(ブラジル)
2位:ローラ・ワタナベ/コレイア・カナシロ・ベアトリス・カオリ(ブラジル)
3位:KAIZOJI Camila/MOLERO Candela(アルゼンチン)、ECHEVERRY Manuela/TELLEZ Cory(コロンビア)

混合ダブルス

1位:ホラシオ・シフェンテス/ARGUELLES Camila(アルゼンチン)
2位:グスターボ・ゴメス/ダニエラ・オルテガ(チリ)
3位:エリック・ジョウチー/キャロライン・クマハラ(ブラジル)、ギリェルメ・テオドロ/ジュリア・タカハシ(ブラジル)

文:ラリーズ編集部