<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

30日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会1日目を迎え、男子学校対抗2回戦が行われた。

兵庫県代表で近畿大会王者の育英は、前回大会3位で高知県代表の明徳義塾と対戦。1番シングルスは育英のエース・青山貴洋が加藤公輝を下したものの、続く2番シングルスと3番ダブルスは明徳義塾が制し、マッチカウント1-2と育英は追い詰められる。

梅村友樹
写真:梅村友樹(明徳義塾)/撮影:ラリーズ編集部

しかし、4番シングルスを松井翔吾(育英高)がストレートで制すると、ラストの5番シングルスで髙橋慶太(育英高)が梅村友樹(明徳義塾)を下し、逆転勝利。マッチカウント3-2で育英が明徳義塾を下して3回戦進出を決めた。

男子学校対抗2回戦

明徳義塾(高知)2-3 育英(兵庫)〇

青山貴洋
写真:青山貴洋(育英高)/撮影:ラリーズ編集部

加藤公輝 1-3 青山貴洋〇
〇藤元駿 3-2 山下慧
〇梅村友樹/藤元駿 3-2 青山貴洋/髙橋慶太
斉藤秀太 0-3 松井翔吾〇
梅村友樹 0-3 髙橋慶太〇

文:ラリーズ編集部