<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

31日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会2日目を迎え、男子学校対抗準々決勝が行われた。

愛知県代表で前回大会王者の愛工大名電は福岡県代表の希望が丘と対戦。2回戦、3回戦ともに1試合も落とさなずに勝ち進んできている愛工大名電は、この試合でも強さを見せる。

道廣晴貴
写真:道廣晴貴(希望が丘)/撮影:ラリーズ編集部

1番シングルスで坂井雄飛(愛工大名電)が石井佑季(希望が丘)をストレートで下すと、2番シングルスでは吉山僚一(愛工大名電)と道廣晴貴(希望が丘)のエース対決を吉山が勝利。

そして、3番ダブルスも吉山僚一/中村煌和(愛工大名電)ペアがきっちりと勝ち切り、マッチカウント3-0でストレート勝ち。無傷の勝利を続ける愛工大名電が、いち早く準決勝進出を決めた。

男子学校対抗準々決勝

愛工大名電(愛知)3-0 希望が丘(福岡)

吉山僚一
写真:吉山僚一(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

〇坂井雄飛 3-0 石井佑季
〇吉山僚一 3-1 道廣晴貴
〇吉山僚一/中村煌和 3-0 道廣晴貴/浅見勇志
中村煌和 – 竹谷義信
鈴木颯 – 浅見勇志

文:ラリーズ編集部