<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

1日、全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ)は大会3日目を迎え、男子シングルスの2回戦までと、男子ダブルスの決勝戦が終了した。

男子ダブルスの決勝は、第1シードの鈴木颯/萩原啓至(愛工大名電)ペアと徳田幹太/木方圭介(野田学園)ペアによるライバル校対決となった。序盤は徳田/木方ペアが先制点を挙げてリードを広げ、ゲームカウント2-0と王手をかけた。

写真:徳田幹太/木方圭介(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部
写真:徳田幹太/木方圭介(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

しかし、鈴木/萩原ペアが徐々に流れを引き寄せて2ゲームを取り返して最終ゲームに突入。最後は鈴木/萩原ペアが11-6で制し、大逆転での初優勝をつかみ取った。名電は男子ダブルスで連覇、通算7度目の優勝を飾ることとなった。

写真:宮﨑礼央(白子)/撮影:ラリーズ編集部
写真:宮﨑礼央(白子)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルスでは2回戦から優勝候補の呼び声高い選手たちが続々と登場し、3回戦へと駒を進めている。愛工大名電、野田学園勢の他、山下慧(育英)や薜大斗(遊学館)、宮﨑礼央(白子)らが2回戦で白星を飾った。

大会4日目となる2日は、男子シングルス5回戦までと男子学校対抗決勝戦までが行われる。6連覇を狙う愛工大名電、快進撃を続ける育英、初優勝を狙う野田学園と出雲北陵の4校が登場する学校対抗では、果たしてどの学校が優勝に輝くのか。

男子ダブルス成績

優勝 鈴木颯/萩原啓至(愛工大名電)

鈴木颯/萩原啓至(愛工大名電)
写真:鈴木颯/萩原啓至(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

準優勝 徳田幹太/木方圭介(野田学園)

徳田幹太/木方圭介(野田学園)
写真:徳田幹太/木方圭介(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

第3位 杉浦大和/佐藤卓斗(出雲北陵)

杉浦大和/佐藤卓斗(出雲北陵)
写真:杉浦大和/佐藤卓斗(出雲北陵)/撮影:ラリーズ編集部

第3位 吉山僚一/中村煌和(愛工大名電)

吉山僚一/中村煌和(愛工大名電)
写真:吉山僚一/中村煌和(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8

芝拓人/岩井田雄斗
写真:芝拓人/岩井田雄斗(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

木塚陽斗/岡田空
写真:木塚陽斗/岡田空(明豊)/撮影:ラリーズ編集部

加藤公輝/横部叶愛
写真:加藤公輝/横部叶愛(明徳義塾)/撮影:ラリーズ編集部

丹羽良/渡邊康靖
写真:丹羽良/渡邊康靖(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

2日試合予定

男子シングルス3回戦

西田有輝(関西) – 吉山僚一(愛工大名電)
鈴木柊平(遊学館) – 東海林聖央(三浦学苑)
遠藤唯夢(鶴岡東) – 木塚陽斗(明豊)
大久保樹(作新学院) – 青山貴洋(育英)
前山宗亮(富山商業) – 前出陸杜(高田)
付湛斌(東京学館浦安) – 古閑慎也(東山)

芝原巧(鎮西学院) – 濵田尚人(高知小津)
徳田幹太(野田学園) – 助川宏成(明秀学園)
萩原啓至(愛工大名電) – 熊谷楓希(鶴岡東)
松岡佑亮(静岡学園) – 浅見勇志(希望が丘)
杉浦大和(出雲北陵) – 梅村友樹(明徳義塾)
髙橋慶太(育英) – 後藤稜弥(沼田)

石山浩貴(上宮) – 比嘉要太(富田)
笠井埜衣(東海大菅生) – 薜大斗(遊学館)
菅沼翔太(愛工大名電) – 金須海人(駒大苫小牧)
三木隼(野田学園) – 峯唯人(敬徳)
寺下敏倫(福井商業) – 鈴木颯(愛工大名電)
伊藤颯(古川学園) – 石橋来雅(福岡工業)

宮﨑礼央(白子) – 栁澤幹太(実践学園)
山下慧(育英) – 木谷颯太(佐賀学園)
丸山蒼葉(安田学園) – 道廣晴貴(希望が丘)
中村煌和(愛工大名電) – 宮城青空(日南学園)
加藤公輝(明徳義塾) – 兼平優斗(専大北上)
飯村悠太(野田学園) – 中島瞳輝(新潟産大附)

坂井雄飛(愛工大名電) – 山本煌翔(三浦学苑)
辻井聡一(上宮) – 小野泰和(出雲北陵)
荒井正明(駒大苫小牧) – 関友喜(開志国際)
齋藤太一(専大北上) – 金光凌佑(関西)
羽鳥泰生(東山) – 芝拓人(野田学園)
小原歓大(松山北) – 田中京太郎(静岡学園)

松井翔吾(育英) – 高橋拓己(明豊)
田口雅也(長野工業) – 高橋航太郎(実践学園)

男子シングルス4回戦〜5回戦

男子学校対抗準決勝

愛工大名電(愛知)- 出雲北陵(島根)

育英(兵庫)- 野田学園(山口)

男子学校対抗決勝

文:ラリーズ編集部