<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

2日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会4日目を迎え、男子シングルス5回戦が行われた。

第2シードの東京都代表、高橋航太郎(実践学園)は山口県代表の芝拓人(野田学園)と対戦した。高橋が1ゲームを取るも芝が終始試合の主導権を握り、3-1で芝が勝利を挙げた。

愛知県代表で男子ダブルス王者の鈴木颯(愛工大名電)は、兵庫県代表の山下慧(育英)を3-0のストレートで破った。同じく愛知県代表の坂井雄飛(愛工大名電)も、新潟県代表の関友喜(開志国際)に3-0のストレート勝利を収めている。

一方、中村煌和(愛工大名電)は加藤公輝(明徳義塾)と最終ゲームまでもつれ込む激闘を繰り広げ、3-2で接戦をものにした。準々決勝には、愛工大名電が5名、野田学園が3名進み、2校による独占状態となった。

男子シングルス5回戦の結果と準々決勝の組み合わせは以下の通り。

男子シングルス5回戦結果➁

〇鈴木颯(愛工大名電) 3-0 山下慧(育英)

〇中村煌和(愛工大名電) 3-2 加藤公輝(明徳義塾)

関友喜(開志国際) 0-3 坂井雄飛(愛工大名電)〇

高橋航太郎(実践学園) 1-3 芝拓人(野田学園)〇

男子シングルス準々決勝組み合わせ

吉山僚一(愛工大名電) – 徳田幹太(野田学園)

三木隼(野田学園) – 萩原啓至(愛工大名電)

鈴木颯(愛工大名電) – 中村煌和(愛工大名電)

坂井雄飛(愛工大名電) – 芝拓人(野田学園)

文:ラリーズ編集部