<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

2日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会4日目を迎え、男子学校対抗決勝が行われた。愛工大名電と野田学園が1本ずつ取り合い、ダブルスに回ってきた。

ダブルスでは、王者の鈴木颯/萩原啓至(愛工大名電)ペアと、徳田幹太/木方圭介(野田学園)ペアが登場した。

徳田幹太/木方圭介
写真:徳田幹太/木方圭介(野田学園)ペア/撮影:ラリーズ編集部

試合は序盤から競る展開に。鈴木/萩原ペアがゲームの主導権を握り、第1、第2ゲームと連取。最後も勢いに乗ったまま鈴木/萩原ペアが取り切って3-0のストレートで勝利した。

これで、愛工大名電が2-1と優勝に一歩近づいた。途中経過は以下の通り。

男子学校対抗決勝途中経過

愛工大名電 2-1 野田学園

鈴木颯/萩原啓至
写真:鈴木颯/萩原啓至(愛工大名電)ペア/撮影:ラリーズ編集部

坂井雄飛 0-3 徳田幹太〇

〇吉山僚一 3-0 芝拓人

〇鈴木颯/萩原啓至 3-0 徳田幹太/木方圭介

鈴木颯 – 三木隼

中村煌和 – 飯村悠太

文:ラリーズ編集部