<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

2日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会4日目を迎え、男子学校対抗決勝が行われた。

1番シングルスは野田学園が制したものの、2番シングルスと3番ダブルスを制して王手をかけた愛工大名電。

鈴木颯
写真:鈴木颯(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

4番シングルスには鈴木颯(愛工大名電)と三木隼(野田学園)が、ラストには中村煌和(愛工大名電)と飯村悠太(野田学園)がそれぞれ登場した。4番の鈴木と三木が熱戦を繰り広げる中、ラストの中村が飯村に3-1で勝利し、この時点で愛工大名電の優勝が決定。

4番の三木は、意地の勝利を挙げようと1ゲームを奪うも、ゲームカウント2-1の第4ゲームで最後は鈴木がドライブで決め切って勝利。愛工大名電がマッチカウント3-1で勝利し、学校対抗6連覇を達成した。

男子学校対抗決勝結果

〇愛工大名電 3-1 野田学園

坂井雄飛 0-3 徳田幹太〇

〇吉山僚一 3-0 芝拓人

〇鈴木颯/萩原啓至 3-0 徳田幹太/木方圭介

〇鈴木颯 3-1 三木隼

〇中村煌和 3-1 飯村悠太

文:ラリーズ編集部