<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

2日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会4日目を迎え、男子学校対抗決勝までと男子シングルス5回戦までが行われた。

学校対抗は高校選抜に続き、愛工大名電が野田学園の挑戦を退け、6連覇を達成した。

1番は昨年の全中準優勝の坂井雄飛(愛工大名電)と前日のダブルス準優勝の徳田幹太(野田学園)の対決となり、徳田が上級生の意地を見せ、ストレートで坂井を下した。

徳田
写真:徳田幹太(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

2番では全日本ジュニアチャンピオンの吉山僚一(愛工大名電)が芝拓人(野田学園)を安定した両ハンドで圧倒した。3番のダブルスは鈴木颯/萩原啓至(愛工大名電)ペアと徳田幹太/木方圭介(野田学園)の対決となり、木方の強烈なチキータをロングサービスで上手く封じた鈴木/萩原ペアが、ストレートで徳田/木方ペアを倒した。

吉山僚一
写真:吉山僚一(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

この勢いのまま、4番と5番が同時進行で行われ、5番の中村煌和(愛工大名電)が飯村悠太(野田学園)を先に下して優勝を決めると、4番の鈴木颯(愛工大名電)も全日本ジュニアベスト4の三木隼を退けた。

シングルスは名電と野田のライバル決戦

シングルスではベスト8のうち5人が愛工大名電、3人が野田学園の選手で、全選手が学校対抗決勝に出場したメンバーとなった。

芝
写真:芝拓人(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

第1シードの吉山僚一と徳田幹太の試合や、第2シードの高橋航太郎(実践学園)を3-1で下した芝拓人と坂井雄飛の試合など、準々決勝はどの試合も熱戦となることが予想される。

男子学校対抗結果

優勝:愛工大名電(愛知)

愛工大名電
写真:愛工大名電(愛知)/撮影:ラリーズ編集部

準優勝:野田学園(山口)

野田学園
写真:野田学園(山口)/撮影:ラリーズ編集部

3位:出雲北陵(島根)

出雲北陵
写真:出雲北陵(島根)/撮影:ラリーズ編集部

3位:育英(兵庫)

育英
写真:育英(兵庫)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:遊学館(石川)

遊学館
写真:遊学館(石川)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:長野工業(長野)

長野工業
写真:長野工業(長野)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:希望が丘(福岡)

希望が丘
写真:希望が丘(福岡)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:静岡学園(静岡)

静岡学園
写真:静岡学園(静岡)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス準々決勝組み合わせ

吉山僚一(愛工大名電)- 徳田幹太(野田学園)
三木隼(野田学園)- 萩原啓至(愛工大名電)
鈴木颯(愛工大名電)- 中村煌和(愛工大名電)
坂井雄飛(愛工大名電)- 芝拓人(野田学園)

文:ラリーズ編集部