<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

3日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会5日目を迎え、男子シングルス準決勝が行われた。

準決勝では、吉山僚一(愛工大名電)vs三木隼(野田学園)、鈴木颯(愛工大名電)vs芝拓人(野田学園)と、愛工大名電vs野田学園対決となった。

鈴木颯
写真:鈴木颯(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

先に決着がついたのは、鈴木vs芝の試合。今大会3冠の期待がかかる鈴木が芝を圧倒し、ゲームカウント3-0のストレート勝利を挙げ、決勝に駒を進めた。

もう一方の吉山vs三木の試合は、互いにゲームを奪い合う大接戦となる。最終第5ゲームでは、先に三木が10-6とマッチポイントを握るが、そこから吉山が驚異の追い上げを見せ、勝負はデュースにもつれ込む。

吉山僚一
写真:吉山僚一(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

デュースに突入してからも、交互にポイントを奪い合う手に汗握る展開となるが、16-15で吉山がマッチポイントを握ると最後は吉山が決めきり勝利。フルゲームデュースの大熱戦を吉山が制して、決勝へと駒を進めた。

男子シングルス準決勝

〇吉山僚一(愛工大名電)3-2 三木隼(野田学園)
7-11/11-7/5-11/11-6/17-15

〇鈴木颯(愛工大名電)3-0 芝拓人(野田学園)
11-4/11-4/11-9

男子シングルス決勝組み合わせ

吉山僚一(愛工大名電)- 鈴木颯(愛工大名電)

文:ラリーズ編集部