<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

3日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会5日目を迎え、男子シングルス決勝までが行われた。

吉山僚一と鈴木颯の愛工大名電対決となった男子シングルス決勝は、フルゲームの激戦を制して鈴木颯(愛工大名電)が初優勝を飾り、ダブルス、学校対抗と併せて3冠に輝いた。また、準決勝では三木隼(野田学園)が吉山僚一をフルゲームまで追い詰める好ゲームを見せてくれた。

三木隼(野田学園)
写真:三木隼(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

今大会のシングルスではベスト8に愛工大名電の選手が5名、野田学園の選手が3名入るなど、愛工大名電と野田学園が変わらない強さを見せた。

その一方で、ランク(ベスト16)には高橋航太郎(実践学園)や前出陸杜(高田)、髙橋慶太(育英)など各学校のエース選手が入り、愛工大名電と野田学園を合わせて、計9校の選手がランク入りを果たす結果となった。

今年度のインターハイ男子の部は本日で終了となるが、明日4日からは女子の部が開幕し、男子同様数多くの熱戦が繰り広げられる。

男子シングルス最終結果

優勝:鈴木颯(愛工大名電)

鈴木颯(愛工大名電)
写真:鈴木颯(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

準優勝:吉山僚一(愛工大名電)

吉山僚一
写真:吉山僚一(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

3位:三木隼(野田学園)

三木隼(野田学園)
写真:三木隼(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

3位:芝拓人(野田学園)

芝拓人(野田学園)
写真:芝拓人(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:萩原啓至(愛工大名電)

萩原啓至(愛工大名電)
写真:萩原啓至(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:徳田幹太(野田学園)

徳田幹太(野田学園)
写真:徳田幹太(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:中村煌和(愛工大名電)

中村煌和(愛工大名電)
写真:中村煌和(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:坂井雄飛(愛工大名電)

坂井雄飛(愛工大名電)
写真:坂井雄飛(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト16

木塚陽斗(明豊)
前出陸杜(高田)
髙橋慶太(育英)
薜大斗(遊学館)
山下慧(育英)
加藤公輝(明徳義塾)
関友喜(開志国際)
高橋航太郎(実践学園)

文:ラリーズ編集部