3日、WTTコンテンダーチュニスは大会3日目を迎え、女子ダブルス1回戦で石川佳純(全農)/平野美宇(木下グループ)ペアを長﨑美柚(木下グループ)/張本美和(木下アカデミー)ペアが下す金星を挙げた。

今大会予選から勝ち上がり本戦出場を果たした長﨑/張本ペアは、今大会第1シードで東京五輪日本代表の石川/平野ペアと対戦。第1ゲームは石川/平野ペアが制するも、第2ゲームは長﨑/張本ペアが勝利し、序盤から白熱した試合展開となる。

その後も両者一歩も譲らず、勝負は最終第5ゲームに。第5ゲームは長﨑/張本ペアが7-1までリードを広げ、長﨑/張本ペアがペースを掴む。石川/平野ペアも徐々に巻き返していくも、序盤のリードを守り切った長﨑/張本ペアが11-8で勝利。フルゲームの接戦を制した長﨑/張本ペアが金星を挙げ、2回戦進出を決めた。

女子ダブルス1回戦

石川平野
写真:石川佳純(全農)と平野美宇(木下グループ)/提供:WTT

石川佳純(全農)/平野美宇(木下グループ)2-3 長﨑美柚(木下グループ)/張本美和(木下アカデミー)〇
11-9/8-11/11-8/11-13/8-11

文:ラリーズ編集部