<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日〜8月8日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

今年のインターハイも大詰めである。

兵庫県の公立高校から出場、シングルスで3回戦まで勝ち上がり、敗退した3年生の女子選手の、とある小さな物語を紹介したい。


写真:玉山琴里(葺合)/撮影:ラリーズ編集部

病気で出られなかった去年のインターハイ

葺合高校、玉山琴里。

一昨年、高校1年時のインターハイは大会が中止だった。

昨年の高校2年時、兵庫県大会を通過した後、インターハイ約2週間前に突然、原因不明の頭痛に襲われた。物が二重に見えるようになり、左半身の痺れなどの症状も出始めた。

卓球どころではなかった。

インターハイ開幕4日前に入院、2週間の入院生活が終わったときには、もうインターハイは終わっていた。

しばらくは後遺症が続き、約3ヶ月ほどラケットを握れなかった。

「もう元の自分には戻れないのかな」不安との戦いだった。


写真:玉山琴里(葺合)とベンチに入った一二三大志監督(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

幸い、徐々に体調は回復し、完治した今年、高校3年時でも兵庫県大会を通過した。
でも、公立高校で大学受験を考える彼女にとっては、8月のインターハイまで練習していたら、もう受験に間に合わないと思った。

ある意味で、よくある決断だ。
時間は有限なのだから。とりわけ文武両道を目指す高校生にとっては。

1週間前に気づけてよかった

県大会が終わると、勉強に切り替えた。
近畿大会前に少し練習をしたが、夏休みが始まると学校の補習に出席した。

「1週間前、久しぶりに部活に行って卓球したら、すごいボロボロで、やばいと。これは練習しないとと思って、そこで気づけたのが良かったのかな(笑)」


写真:玉山琴里(葺合)/撮影:ラリーズ編集部

最後かと思うと力が抜けた

インターハイ、蓋を開けると、まさかの3回戦まで勝ち進んだ。
1,2回戦ともにリードされる展開だったが、ミスの少ない卓球で逆転した。

「ああ最後か、と思うと、不思議といい感じに力が抜けて、気づいたら追いついてました」


写真:玉山琴里(葺合)/撮影:ラリーズ編集部

「出られただけで満足なのに、2回も勝てて、嬉しいです」

“振り返ってひと言”の質問に、去年の今頃の自分がよぎったのか、不意に彼女の声が震えた。

全部が凝縮されていた試合

彼女のベンチに入った一二三大志監督は、公立高校の教員だ。高校一年まで彼女を指導した後、勤務先の学校を異動になった。

それでもこの一年半、土日は外部コーチとして彼女を指導してきた。

「彼女自身が苦しいことを乗り越えてきた、その全部が凝縮されていた試合でした」と目を細める。

「先生の指導があったから、チームも近畿大会まで行けた。一年の頃は、厳しくて愚痴を言っていたこともありましたが(笑)、みんなも私も、とても感謝しています」


写真:一二三大志監督と玉山琴里(葺合)/撮影:ラリーズ編集部

家族は、どうだろう。

「病気のときも、ずっと励まし続けてくれました。今回の大会も、出るためにすごくサポートしてくれて。今までなんでそれに気づかなかったんだろう、と思うくらいに」

たぶん、それが成長なのだ。

「親孝行な子です」

会場に応援に駆けつけた、お父さんにも聞いてみた。

「去年の今ごろの病気のときを思うと、もう、本人がここに立てているだけで感謝です。卓球できるかどうかもわからなかったので。本人がそこからよく頑張りました。今日からは保護者も見られたので、私も妻も応援できました。親孝行な子です(笑)」。


写真:玉山琴里(葺合)/撮影:ラリーズ編集部

大学でも卓球を続けたい

さて、これから先はしばらく勉強との戦いとなる。

「勝つのは楽しいから、大学でもこんな感じの試合をしたくて。もっといろんな人と対戦したいので、大学でも卓球を続けたいと思います」

“卓球続けようと思ったのは、最近なんですけどね”と、玉山は笑った。

ひと夏の力

みな、人生という舞台では個人戦を戦う。
それくらいのヒロイズムがなければ、どうしてこのインターハイという特別な場所までやってこれるだろう。

でも、この大舞台の眩しい光に照らされたとき、自分は決して一人ではなかったことに気づく。

1回戦で敗れた選手にだって、物語はある。
インターハイに出られなかった選手にも、もちろん。
応援する人たちだって、成長するのだ。

それがスポーツの力だ。

とりわけ、加速度的に成長できる、高校生のひと夏の力だ。


写真:玉山琴里(葺合)/撮影:ラリーズ編集部

文:槌谷昭人(ラリーズ編集長)