<Tリーグ NOJIMA CUP 2022 日程:8月13日〜14日 場所:トッケイセキュリティ平塚総合体育館>

Tリーグ初の個人戦のNOJIMA CUP 2022が8月13日〜14日にかけて行われる。優勝賞金100万円をかけて、女子は国内トップレベルの24選手が出場する。今回はNOJIMA CUPの見どころを解説する。

日本生命レッドエルフ

日本生命レッドエルフからは早田ひな、森さくら、麻生麗名の3人が選出された。早田はTOP32で優勝し、最新の世界ランクも日本人2番手の6位と好調を維持しており、TOP32に続く優勝を目指す。森は昨シーズンシングルス11勝4敗とチームを引っ張り、日本生命レッドエルフを4連覇に導いた。得意とするTリーグで勝ち上がれるか期待される。

早田
写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

木下アビエル神奈川

木下アビエル神奈川からは木原美悠、長﨑美柚、石川佳純の3人が選出された。木原はアジア競技大会日本代表選考会準優勝、長﨑はTOP32準優勝と最近の選考会で好成績を残して日本代表の座をつかんでいる。今大会は、後一歩で届かなかった優勝を狙う。

木原
写真:木原美悠(木下アビエル神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

石川は長年、世界選手権や五輪等で日本代表に選出されてきたが、TOP32でベスト8に終わり、世界選手権連続出場記録が14大会でストップした。今大会ではその悔しさを晴らすような活躍が期待される。

トップおとめピンポンズ名古屋

トップおとめピンポンズ名古屋からは安藤みなみ、南波侑里香の2人が選出された。安藤は昨シーズン12勝6敗とエースとして活躍しているが、個人戦でも活躍できるか。南波は得意とする前陣でのカウンターを駆使して上位を狙う。

安藤
写真:安藤みなみ(トップおとめピンポンズ名古屋)/提供:©T.LEAGUE

京都カグヤライズ

京都カグヤライズからは成本綾海、松島美空の2人が選出された。京都カグヤライズは今シーズンから発足した新チームで、NOJIMA CUPが初陣となる。チームの看板である松島は、7月の全日本選手権カブの部で3年生ながら上級生を圧倒し、優勝を果たした。トップ選手が集まる今大会で勝利を挙げられるか注目が集まる。

松島
写真:松島美空(京都カグヤライズ)/撮影:ラリーズ編集部

日本ペイントマレッツ

日本ペイントマレッツからは佐藤瞳、橋本帆乃香、大藤沙月の3人が選出された。佐藤はTOP32、アジア競技大会日本代表選考会共にベスト4に進出し、世界卓球とアジア競技大会の日本代表に内定した。選考会で強さを見せている佐藤がNOJIMA CUPも好成績を残すか期待される。橋本と大藤は昨シーズンのTリーグで、それぞれ12勝7敗、13勝4敗と好成績を残しており、今大会でも上位進出が期待される。

大藤
写真:大藤沙月(日本ペイントマレッツ)/撮影:ラリーズ編集部

九州アスティーダ

九州アスティーダからは野村萌、出澤杏佳の2人が選出された。出澤は関東学生春季リーグで敢闘賞・優秀選手賞・最優秀ペアー賞を獲得するなど、学生卓球界でお願い輝きを放っている。一方の野村も実業団のデンソーで活躍し、その実力は間違いなく日本トップクラスである。

出澤
写真:出澤杏佳(九州アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

JTTA選出選手

JTTAからは伊藤美誠(スターツ)、平野美宇(木下グループ)、加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)、張本美和(木下アカデミー)、木村光歩(中国電力)、芝田沙季(ミキハウス)、横井咲桜(四天王寺高)、枝廣愛(中央大)、由本楓羽(香ヶ丘リベルテ高)の9人が選出された。木村は今大会、女子唯一のTリーグ無所属での出場となるが、Tリーガー相手に実業団選手としての意地を見せられるか。

出場選手一覧(ドロー順序順)

1位 伊藤美誠(日本生命レッドエルフ/スターツ所属)※JTTA選出
2位 木原美悠(木下アビエル神奈川)
3位 大藤沙月(日本ペイントマレッツ)
4位 安藤みなみ(トップおとめピンポンズ名古屋)
5位 橋本帆乃香(日本ペイントマレッツ)
6位 早田ひな(日本生命レッドエルフ)
7位 森さくら(日本生命レッドエルフ)
8位 長﨑美柚(木下アビエル神奈川)
9位 芝田沙季(日本ペイントマレッツ)※JTTA選出
10位 張本美和(木下アビエル神奈川)※JTTA選出
11位 加藤美優(九州アスティーダ)※JTTA選出
12位 横井咲桜(日本ペイントマレッツ)※JTTA選出
13位 佐藤瞳(日本ペイントマレッツ)
14位 平野美宇(木下アビエル神奈川)※JTTA選出
15位 石川佳純(木下アビエル神奈川)
16位 出澤杏佳(九州アスティーダ)
17位 麻生麗名(日本生命レッドエルフ)
18位 南波侑里香(トップおとめピンポンズ名古屋)
19位 成本綾海(京都カグヤライズ)
19位 松島美空(京都カグヤライズ)
19位 野村萌(九州アスティーダ)
19位 木村光歩(中国電力)※JTTA選出
19位 枝廣愛(九州アスティーダ)※JTTA選出
19位 由本楓羽(日本生命レッドエルフ)※JTTA選出
※19位以降は2021-2022シーズンTリーグ不参加のため日本卓球協会強化本部で順序を決定
※下記のドロー順序要領に従って、女子は8月12日11時ごろから組み合わせ抽選予定

ドロー順序要領

1. 2022 全日本卓球選手権大会(一般の部)優勝者
2. ノジマTリーグ 2021-2022シーズンのシングルス勝利数上位
※勝利数にはビクトリーマッチを含む(同数の場合は勝率の上位)
3. 上記に該当しない選手は、公益財団法人日本卓球協会強化本部で順序を決定
4. ドローは 1位、2位、(3位、4位)、(5位、6位)、(7位、8位)、(9位-12位)、(13位-16位)、(17 位-24 位)の順序とする。

文:ラリーズ編集部