<卓球・Tリーグ NOJIMA CUP 2022 日程:8月13日〜14日 場所:トッケイセキュリティ平塚総合体育館>

13日、Tリーグ NOJIMA CUP 2022の女子2回戦が行われ、石川佳純(木下アビエル神奈川)が伊藤美誠(スターツ)と対戦し、ゲームカウントで2-4で敗れた。

試合後、石川が報道陣の質問に答えた。

石川佳純コメント

今日の試合に関して

1回戦も表(ソフトラバー)の選手だったので、出足から伊藤選手のバックを狙っていけたので良かったです。

けど、最後までそれが効くわけないので途中から変えていこうと思ったんですけど、ミスが出てしまったりとか、なかなか(伊藤選手のボールの)コースが厳しくて自分の返球が甘くなっちゃったりとかして、途中から逆に厳しいコースに返されちゃったかなという感じです。

久しぶりの伊藤選手との試合だったが

手の内はよくわかっているので、2年半やっていなくてもそんなに変わらないですね。よくわかっているのでラリーにもなるし、最初は前半お互いがサービスの取り合いでラリーにならなかったんですけど、途中からはラリーになって。

(期間が)空いているのは、そんなに意識していなかったです。

5ゲーム目の9-9のときは何を考えていたか

ここが勝負だなと思ったんですけど、思っていたよりもサービスの上回転が強かったかなという感じでした。

そこは伊藤選手だからこその厳しさがあると感じたか

サービス単体じゃなくて、その後の攻撃があるからやっぱりプレッシャーはありますね。ちょっと甘くなったら攻められるというプレッシャーがあるから、9-9でレシーブに力が入ったかなと思います。

9-9で伊藤選手が間を取ったことに関して

2分ぐらい間を取る人もいるんで(笑)それが選手の技なので。けど、私はそこは全然気にならないんです。

前回の伊藤選手との対戦から変わったことはあったか

サービスとかレシーブは常に工夫されていると思います。毎回やるたびにサービスのフォームが変わっていると思うので。もちろん、普段(伊藤選手の出場した)国際大会を見ているので、そこまで「すごく変わったな」とは思わないんですけど、久しぶりの対戦でサービスの打ち方とかも(前回から)変わっているんじゃないかなと思います。

最近は国際大会が以前のように多くなってきているが

慣れてるんで大丈夫なんですけど、久しぶりになるとすごいきつかったです。前はこれをずっとやってたんだなと思うと懐かしくなって、ハードワークだなって思いました(笑)

けど、今回は調子も良かったし調整に問題はなかったんですけど、国際大会も始まってきたので、試合はまた前みたいにどんどん増えていくのかなと思っています。

五輪選考ポイントを考えるともう少し勝ちたかったのでは

20年ぶりぐらいにパッキン(第1シードの下)だったので(笑)けど、これから頑張って自力で外のシードの選手に勝ってシードを獲得するしかないですね。次が世界選手権の最後の予選になると思うので、一戦一戦頑張りたいと思います。

一戦一戦の重みは感じるか

いろんな予選を兼ねていると思うんですけど、こういうレースって長くてまだまだ始まったばかりで、いくらポイントでリードしていようが負けていようが、最後は同じくらいになると思うので、私自身はあまり(選考)ポイントのことは考えないようにしています。けど、世界選手権には出たいです。

文:ラリーズ編集部