<第53回全国中学校卓球大会 日時:8月19日〜22日 場所:苫小牧市総合体育館>

19日から北海道の苫小牧市総合体育館で第53回全国中学校卓球大会が開催される。年代別ナショナルチームやJOCエリートアカデミー所属の猛者が集う、これまで以上にハイレベルな大会が幕を開ける。

全国中学校卓球大会とは?

「全中」と呼ばれる全国中学校卓球大会は、大学生の全日学・インカレ、高校生の高校総体(インターハイ)と並んで学生卓球の頂点を決める大会である。

試合は男女団体と男女シングルスの計4種目で行われる。団体は4シングルス1ダブルスを6人で戦う重複不可のシステムとなっている。出場選手は各ブロックの予選を通過した学校や選手に加え、開催地代表枠と、日本卓球協会の推薦枠が存在する。

男子団体見どころ

男子団体の注目は前回大会優勝の愛工大名電中だ。国際大会でも活躍している吉山和希をはじめとした強力なメンバーが名を連ねている。3月に行われた全中選抜でも優勝しており、まさに優勝候補筆頭だ。

吉山
写真:吉山和希(愛工大名電中)/撮影:ラリーズ編集部

そんな愛工大名電の対抗馬となるのは、昨年の全中準優勝の野田学園中や、全中選抜で名電を追い詰めた中間東中といった強豪校だ。愛工大名電が3連覇を果たすのか、その他の学校が栄冠を掴み取るのか、注目が集まる。

男子個人見どころ

男子シングルスの注目はやはり昨年王者の松島輝空(星槎中)だ。世界ユースランキング8位で、同世代の選手の中では圧倒的な成績を残す“日本卓球界の至宝”は、最後の全中で2連覇を狙う。

川上流星(新発田ジュニア)
写真:川上流星(星槎中)/撮影:ラリーズ編集部

他にも吉山和希(愛工大名電中)、木村友哉(野田学園中)、谷本拓海(兵庫中)、面田知己(中間東中)、エリートアカデミー所属の渡部民人(星槎中)や 川上流星(星槎中)らが優勝候補として挙げられる。

また、野田学園中のスーパールーキー岩井田駿斗が松島の山に入っており、順当に勝ち上がれば3回戦で激突する。熾烈な優勝争いから一体誰が抜け出すのか。

男子団体予選リーグ組み合わせ

Aグループ

野田学園(山口)
中村三陽(福岡)
太田西(群馬)

Bグループ

安田学園(東京)
中田(宮城)
浜松修学舎(静岡)

Cグループ

長森(岐阜)
大東(福井)
田辺(和歌山)

Dグループ

愛工大名電(愛知)
尾久八幡(東京)
札幌米里(北海道)

Eグループ

出雲北陵(島根)
札幌北陽(北海道)
鶴岡三(山形)

Fグループ

実践学園(東京)
兵庫(兵庫)
崎辺(長崎)

Gグループ

松徳学院(島根)
津幡(石川)
足立学園(東京)

Hグループ

中間東(福岡)
文京十(東京)
鷹匠(兵庫)

Iグループ

明豊(大分)
新渡戸文化(東京)
旭川(北海道)

Jグループ

城南(石川)
帖佐(鹿児島)
舞阪(静岡)

Kグループ

明徳義塾(高知)
向洋(宮城)
北斗上磯(北海道)

Lグループ

桜ヶ丘(鳥取)
津田(徳島)
苫小牧和光(北海道)

Mグループ

上宮学園(大阪)
大野(岩手)
城西(愛媛)

文:ラリーズ編集部