<卓球・Tリーグ NOJIMA CUP 2022 日程:8月13日〜14日 場所:トッケイセキュリティ平塚総合体育館>

13日、Tリーグ NOJIMA CUP 2022の男子3位決定戦が行われ、吉山僚一(岡山リベッツ)が森薗政崇(岡山リベッツ)と対戦し、ゲームカウントで4-1で勝利した。

今大会、吉山は及川瑞基(木下マイスター東京)、宇田幸矢(明治大)ら全日本選手権優勝経験者を立て続けに撃破し、堂々の3位入賞を果たした。

試合後、吉山が報道陣の質問に答えた。

吉山僚一コメント

3位という成績に関して

自分はまだTリーグで0勝なので、挑戦者としてチャレンジャー精神で自分のプレーを出しきれて、とてもいい結果になったと思います。

具体的にどういうところが良かったか

自分はチキータが得意なんですけど、そのチキータからの展開だったり、サービスもコースを考えたりして、サービスとレシーブも良かったと思います。

トーナメントが決まったときの感想は

全員の選手が強いので、一戦一戦頑張ろうという気持ちで試合に臨みました。

13日の試合に関して

自分は及川さんと7試合ぐらいしたんですけど今回が2勝目で。宇田さんとも初めて試合したんですけど、ああいう強い選手に勝てたことは嬉しかったです。

準決勝の試合に関して

(吉村選手は)サービスが上手くて、最初は対応できたんですけど、自分がずっとチキータをしていたのでハーフロングのサービスに変えられて(上手く対応できなかった)。あとは、ラリーになっても向こうが緩急をつけてきて、自分の持ち味が封じ込められてしまったなという感じです。

国際大会でも結果を残しているが成長の要因は

以前は強い選手と試合するときに緊張して声を出さなかったり攻撃的な卓球ができなかったりしたんですけど、今は逆に向かっていけて、メンタル面が成長しているのが要因かなと思います。

今年の全日本選手権でも好成績を収めていたが

やっぱり全国大会で優勝することは自信にもなりますし、一般でも初めてランクに入ることができていい経験になったので、今後もそれを生かしていきたいです。

国際大会が終わった直後で疲れはないか

身体はけっこうキツイんですけど、試合が続いているので試合勘があって、非常に力のあるプレーができているなと思います。

来シーズンのTリーグではチームにとってどんな存在になりたいか

自分は試合に出られるかどうか分からないんですけど、試合に出たら自分が負けてもチームが勝利に繋がるようなプレーをしていきたいと思います。

パリ五輪はどの程度意識しているか

前回の選考会から気合を入れなおして今大会に臨んだので、間に合うのであれば出たい気持ちはあります。ただ、自分的にはロス五輪を全力で狙いにいきたいと思っています。

文:ラリーズ編集部