<ノジマTリーグ2022-2023シーズン 9月10日(土)大田区総合体育館>

10日、ノジマTリーグ2022-2023シーズン(5thシーズン)が開幕。男子開幕戦では昨シーズン王者の木下マイスター東京と、昨シーズン準優勝のT.T彩たまが対戦。ビクトリーマッチの末T.T彩たまが大逆転で激闘を制した。

1番:大島祐哉/篠塚大登(木下)2-0 上田仁/松平健太(彩たま)


写真:大島祐哉(右)/篠塚大登(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

第1マッチは、木下マイスター東京からは初のペアリングとなる大島祐哉/篠塚大登ペアと、T.T彩たまの上田仁/松平健太ペアの対決となった。序盤から激しい打ち合いが繰り広げられ、ラリー戦で主導権を握る大島/篠塚ぺアが第1ゲームを11-10で先取した。


写真:上田仁/松平健太(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

上田/松平ペアもバックサービスからの緻密なラリーや、質の高いストップからのカウンタープレーを見せたが、台上で主導権を握り続けた大島/篠塚ペアが第2ゲームを11-5で奪い、第1マッチを制した。

2番:及川瑞基(木下)3-1 曽根翔(彩たま)


写真:及川瑞基(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

第2マッチでは、昨シーズン前期MVPの及川瑞基と、昨シーズン後期MVPの曽根翔の対戦となった。変化の激しいサービス、緩急をつけたチキータで主導権を握った曽根が第1ゲームを先取する。


写真:曽根翔(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

第2ゲーム以降はお互い一歩も譲らないラリー戦を見せたが、勝負所での及川のクレバーな配球が光り、ゲームカウント3-1で及川が勝利を収めた。

3番:ウーゴ・カルデラノ(木下)1-3 英田理志(彩たま)


写真:ウーゴ・カルデラノ(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

第3マッチ、木下マイスター東京からは世界ランキング5位 ”ブラジルの至宝” ウーゴ・カルデラノがTリーグの舞台に登場。マッチカウント0-2と後が無くなったT.T彩たまからは、カット&攻撃のオールラウンダー英田理志が出場した。


写真:英田理志(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

世界のトップ選手に対し臆することなく、チキータやバックドライブ、鋭いカットでカルデラノを翻弄した英田が2ゲームを連取する。

強烈なフォアハンドを叩き込んだカルデラノが第3ゲームを取り返すが、変幻自在のプレーを見せた英田がゲームカウント3-1で勝利。世界トップクラスを相手に大金星を上げた。

4番:篠塚大登(木下)0-3 松平健太(彩たま)


写真:松平健太(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

第4マッチはT.T彩たまから木下マイスター東京に移籍した篠塚大登と、松平健太の対戦となった。お互い柔らかいタッチの台上技術から広角に攻めるプレーの中、精度の高いカウンターを見せた松平が2ゲームを連取する。


写真:篠塚大登(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

篠塚も松平のフォアサイドを厳しく攻めたが、終始冷静な試合運びを見せた松平健太がゲームカウント3-0で勝利。マッチカウントを2-2とし、勝負の行方はビクトリーマッチに託された。

5番:及川瑞基(木下) 0-1 英田理志(彩たま)


写真:英田理志(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

ビクトリーマッチでは、木下マイスター東京は及川瑞基、T.T彩たまは3番でカルデラノに勝利した英田理志を起用。英田は変化の激しいサービスとアグレッシブな攻撃で及川を寄せ付けず、11-4で勝利を収め、T.T彩たまの勝利を決めた。


写真:岸川聖也監督(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

今シーズンから監督としてチームを率いる岸川聖也(T.T彩たま監督)は、監督としての初陣を白星で飾った。悲願の優勝に向け、幸先の良いスタートを切った。

木下マイスター東京 2-3 T.T彩たま〇

〇大島祐哉/篠塚大登 2-0 上田仁/松平健太

11-10/11-5

◯及川瑞基 3-1 曽根翔

4-11/11-9/11-10/11-6

ウーゴ・カルデラノ 1-3 英田理志〇

9-11/10-11/11-4/6-11

篠塚大登 0-3 松平健太〇

10-11/8-11/10-11

及川瑞基 0-1 英田理志〇

4-11

文:ラリーズ編集部