<卓球・2022 全農CUP TOP32 福岡大会 日程:9月3〜4日 場所:アクシオン福岡>

3日、2022 全農CUP TOP32が開幕し、女子シングルス1回戦が行われた。

福岡県出身で中学2年の竹谷美涼(貝塚第二中)は全日本選手権ベスト8の木村光歩(中国電力)と対戦。ゲームカウント2-3と後がなくなった第6ゲームでは、木村に11-10とゲームポイント握られるものの、そきら竹谷が思い切ったプレーで逆転。その後の最終第7ゲームも制し、ゲームカウント4-3で逆転勝利を収めた。

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部
写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

石川佳純(全農)は、U15女子ジュニアナショナルチームの植田杏(ミキハウスJSC)と対戦。第1、第2ゲームを連取するも、第3ゲームを11-9で奪われる。それでも力強い両ハンドで攻め続けた石川が第3、第4ゲームを連取し、ゲームカウント4-1で2回戦進出を決めた。

また、第1シードの早田ひな(日本生命)はホープス女子準優勝の伊藤友杏(羽佳卓球俱楽部)と対戦。全ゲームでリードを大きく保ち、危なげなくゲームカウント4-0で勝利した。

女子シングルス1回戦の結果は以下の通り。

女子シングルス1回戦結果

〇早田ひな(日本生命)4-0 伊藤友杏(羽佳卓球俱楽部)
11-5/11-4/11-4/11-4

〇木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)4-0 日下部詩季(遊学館ジュニア)
11-3/12-10/11-5/11-8

植田杏(ミキハウスJSC)1-4 石川佳純(全農)〇
5-11/5-11/11-9/6-11/3-11

木村光歩(中国電力)3-4 竹谷美涼(貝塚第二中)〇
10-12/11-6/11-7/11-6/5-11/11-13/8-11


文:ラリーズ編集部