<卓球・2022 全農CUP TOP32 福岡大会 日程:9月3〜4日 場所:アクシオン福岡>

4日、2022 全農CUP TOP32の男子シングルス準決勝が行われた。

張本智和(IMG)は木造勇人(個人)と対戦。第1ゲームを11-3と好スタートを切ると、そこから3ゲーム連取し、木造に1ゲームも取らせず、決勝進出を決めた。

戸上隼輔(明治大)
写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

戸上隼輔(明治大)は篠塚大登(愛知工業大)と対戦。両者、中陣からの激しい打ち合いとなった試合は、終始戸上がリードを保ち、ゲームカウント4-0のストレートで勝利した。

決勝では張本智和(IMG)と戸上隼輔(明治大)が対戦すふ。張本はNOJIMA CUPを含めると国内選考会で2連覇を達成しており、さらに2位との差を広げたい。

また、戸上はパリ五輪選考ポイントランキングでは10位以下であり、優勝して上位に食い込みたいところである。激しいラリーが予想される試合だが、どちらが今大会を制するのか。

男子シングルス準決勝結果

〇張本智和(IMG)4-0 木造勇人(個人)
11-3/11-9/11-8/12-10

篠塚大登(愛知工業大)0-4 戸上隼輔(明治大)〇
8-11/6-11/5-11/7-11

男子シングルス決勝組み合わせ

張本智和(IMG)- 戸上隼輔(明治大)


文:ラリーズ編集部