関東を代表する卓球強豪校の1つが神奈川県にある横浜隼人高校卓球部だ。2022年夏の関東大会では学校対抗、女子シングルス、女子ダブルスで3冠を達成し、16大会連続でインターハイにも出場している。

卒業生としては、全日本ジュニアで優勝し、現在はTリーグ・日本生命レッドエルフでもプレーする笹尾明日香(日本生命)や、実業団で戦う永尾尭子(サンリツ)、小畑美月(デンソー)ら実力者を輩出している。

今回は横浜隼人女子卓球部顧問の岸昌宏先生と3年生主将の武山華子にそれぞれ話を聞き、横浜隼人卓球部の強さに迫った。

写真:横浜隼人高校卓球部/撮影:ラリーズ編集部
【横浜隼人高校卓球部】神奈川県の卓球強豪校。2022年の夏の関東大会では学校対抗、シングルス、ダブルス3冠を達成。16大会連続でインターハイに出場しており、日本生命レッドエルフの笹尾明日香やサンリツの永尾尭子らTリーガー、実業団選手を輩出している。

「チーム力は日本一の自信がある」

写真:武山華子(横浜隼人高)/撮影:ラリーズ編集部
写真:武山華子(横浜隼人高)/撮影:ラリーズ編集部

――横浜隼人と言えば、試合中の一体感が印象的です。何か意識しているんでしょうか?
武山華子:チーム力は日本一の自信があるので、みんなでミーティングを何回も重ねて、本番で盛り上がる試合ができるように目指してやってます。
――ガッツポーズの仕方も皆揃っているなと思っていたんですが、決まっているんですか?
武山華子:ガッツポーズの仕方は統一してますね。

本来コロナ禍でなかったら、もっと盛り上がる感じだったんですけど、なるべく抑えてやってます。

ガッツポーズ
しっかりベンチに向かって両手でガッツポーズ

武山華子:また、コロナで声が出せない分、表情で伝えることを意識してたんですけど、それだけじゃ伝わらなくて他のチームと違うことしたいなと思って、プラカードの案を出してくれた子がいてそこからプラカードを掲げることも始まりました。

プラカード
ベンチから言葉の書かれたプラカードを掲げて応援する

“本当に普通の学校”が強い理由は「人の力」

続いては横浜隼人女子卓球部顧問の岸昌宏先生にチームの特徴を聞いた。

写真:横浜隼人卓球部岸昌宏先生/撮影:ラリーズ編集部
写真:横浜隼人卓球部・岸昌宏先生/撮影:ラリーズ編集部

――横浜隼人卓球部はどういうチームでしょうか?
岸昌宏先生:うちの場合は条件提示をして勧誘もできないですし、寮はこれから作りたいとは思ってますけど、今はないので、全国から勧誘することもできないです。

また、練習場には空調がありませんし、体育の授業が終わって卓球台を出すという、本当に普通の学校です。

――それでもインターハイに16大会連続出場など、強くなれるのはどういう理由でしょうか?
岸昌宏先生:たくさんの人が、たくさんの視点で生徒に携わっています

指導者もそうですし、もちろん保護者がいて、学校があって、卒業生だとか卒業生の保護者だとか、さらにうちの場合は地域で支えようというのもあるんです。

写真:横浜隼人卓球部の練習の様子/撮影:ラリーズ編集部
写真:横浜隼人卓球部の練習の様子/撮影:ラリーズ編集部

岸昌宏先生:だからうちの特徴と言えば、人の力。 

物質的なものではなくて、人の思いだとか気持ちだとか、そういったところが凄く原動力というか、エネルギーになってるんじゃないかなと思います。

写真:中高が混ざって練習を行う/撮影:ラリーズ編集部
写真:中高が混ざって練習を行う/撮影:ラリーズ編集部

――地域に支えられているというのはどういうことでしょうか?
岸昌宏先生:実は横浜隼人中学・高等学校女子卓球部のための後援会がこの地域にあるんです。

近くの自治会長さんだったりだとか地主さんだったりだとか、この近所の方で組織してもらっています。このスタイルは全国でも本当に珍しいんじゃないですかね。

地域と一緒に進んでいくというのは、大きな原動力になっています。

今ある環境が一番

武山主将にも同じく、強くなる理由を尋ねた。

写真:武山華子(横浜隼人高)/撮影:ラリーズ編集部
写真:武山華子(横浜隼人高)/撮影:ラリーズ編集部

――環境としては恵まれてはいない中でも、強くなれるのはなぜだと思いますか?
武山華子:環境が悪いとは思わずに、自分達にとっては今ある環境が一番だと思っています。

地方の大会に行った時だとクーラーがないことも多いので、そういうところでは自分達が自信を持ってできます。

写真:武山華子(横浜隼人高)/撮影:ラリーズ編集部
写真:武山華子(横浜隼人高)/撮影:ラリーズ編集部

武山華子:また、色んな卒業生の保護者だったり、卒業生の方だったり、たくさんの地域の方々だったりに、ご支援を頂いています。

そういう部分では、サポートしてくれた人のことを思って戦ったり、練習したりすることで強くなれていると思います。

横浜隼人

応援され続けるチーム作り

最後に岸先生に今後のチームの目標について尋ねた。

写真:横浜隼人卓球部の練習の様子/撮影:ラリーズ編集部
写真:横浜隼人卓球部の練習の様子/撮影:ラリーズ編集部

――今後はどういうチームにしていきたいと考えていますか?
岸昌宏先生:一つは部活動として生き残っていくということです。

学生スポーツをしているから、例えば「世界は狙えない」だとか「トップにはなれない」だとかそうは諦めさせたくないです。

勉強して授業しっかり受けてそれで部活をやっていって、そこで本当にトップを目指すんだというスタンダードを作っていきたいというのは一つありますね。

横浜隼人

岸昌宏先生:もう一つは卒業生や応援してくれる人が、いつまでも応援してくれるようなチームで居続けることです。

「応援したくなるよね」って思わせるようなチームでいないといけない。

それはもちろん勝っていかないといけないし、それだけではなくて、練習場行ったら元気よく練習してるとか、ちゃんとスリッパ揃えてるとか、物を大事にしてるとか、そういったところ全てで応援されるチームを目指したいというのはありますよね。

写真:横浜隼人中高卓球部メンバー/撮影:ラリーズ編集部
写真:横浜隼人中高卓球部メンバー/撮影:ラリーズ編集部

取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)