<世界卓球選手権成都大会2022 日程:9月30日〜10月9日 日程:成都(中国)>

30日、世界選手権が開幕し、女子日本代表は予選リーグでスロバキアと対戦した。

重要な初戦となったこの試合に、日本は1番シングルスに木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)、3番シングルスに長﨑美柚(木下グループ)と、ともに世界選手権団体戦初出場の2選手を起用。プレッシャーのかかる中、1番シングルスで木原は相手エースのバラボラ・バラージョバーにゲームカウント3-1で勝利し、日本に貴重な1勝をもたらす。

伊藤美誠
写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:WTT

続く2番シングルスには伊藤美誠(スターツ)が登場。世界ランキング178位のエマ・ラボショバーに1ゲームを奪われるも、さすがの安定感を見せて勝利。マッチカウント2-0で日本が勝利に王手をかける。

そして、3番シングルスに長﨑が登場。初出場の緊張感を全く見せないプレーで終始ゲームを支配し、あっという間に2ゲームを連取する。第3ゲームも11-5で勝ち切り、ゲームカウント3-0のストレート勝利。日本がマッチカウント3-0でスロバキアを下した。

この試合が世界選手権のデビュー戦となった木原と長﨑はともに白星を挙げ、明日以降の戦いに大きな弾みをつけた。

女子予選リーググループ2

〇日本 3-0 スロバキア

〇木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)3-1 バラボラ・バラージョバー
9-11/11-8/11-6/11-6

〇伊藤美誠(スターツ)3-1 エマ・ラボショバー
11-6/11-8/4-11/12-10

〇長﨑美柚(木下グループ)3-0 タチアナ・ククルコバー
11-3/11-5/11-5

伊藤美誠(スターツ)- バラボラ・バラージョバー

木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) – エマ・ラボショバー

女子予選リーググループ2試合結果(9/30時点)

日本(1勝0敗)
スロバキア(0勝1敗)
ハンガリー(0勝0敗)
ウズベキスタン(0勝0敗)
ポーランド(0勝0敗)

文:ラリーズ編集部