<世界卓球選手権成都大会2022 日程:9月30日〜10月9日 日程:成都(中国)>

9月30日に開幕した世界選手権は大会3日目も熱戦が続いている。

3日目男子団体

大会3日目となる2日、男子日本代表はルーマニアと対戦した。1番シングルスは張本智和(IMG)がストレートで、2番シングルスは戸上隼輔(明治大)がフルゲームを制し2点を挙げた。

しかし、3番シングルスに登場した及川瑞基(木下グループ)と4番シングルスの張本が敗北を喫し、勝負は5番の戸上に委ねられる。

戸上隼輔
写真:戸上隼輔(明治大)/提供:WTT

5番シングルスの戸上はエドゥアルド・イオネスクと対戦。プレッシャーのかかる中イオネスクをストレートで下し、戸上の2点取りの活躍で日本がルーマニアとの総力戦を制した。

3日には、男子日本代表は現時点でグループリーグ無敗の中国香港と対戦する。グループリーグ1位を狙う男子日本代表にとって、この一戦は最大の山場となる。

3日目女子団体

女子日本代表はポーランドと対戦。1番シングルスで伊藤美誠(スターツ)が登場し、アンナ・ベングジンをストレートで下した。

2番シングルスはカットマンの佐藤瞳(ミキハウス)がカタジナ・ベングジンにストレートで勝利。3番シングルス長﨑美柚(木下グループ)がポーリーナ・クシシェクに3ゲーム合計で12点しか与えない完璧な試合内容で勝利。日本が1セットも落とすことなく、ポーランドに完勝した。

3日には、女子日本代表はハンガリーと対戦する。

男子日本代表試合結果

〇日本 3-2 ルーマニア

〇張本智和(IMG)3-0 エドゥアルド・イオネスク
11-5/11-7/11-9

〇戸上隼輔(明治大)3-2 オビディウ・イオネスク
12-10/7-11/11-9/11-13/14-12

及川瑞基(木下グループ)0-3 フノール・スッチ〇
6-11/5-11/9-11

張本智和(IMG)1-3 オビディウ・イオネスク〇
8-11/6-11/11-7/5-11

〇戸上隼輔(明治大)3-0 エドゥアルド・イオネスク
11-8/11-3/11-4

日本女子代表結果

〇日本 3-0 ポーランド

〇伊藤美誠(スターツ)3-0 アンナ・ベングジン
11-7/11-7/11-4

〇佐藤瞳(ミキハウス)3-0 カタジナ・ベングジン
11-6/11-6/11-9

〇長﨑美柚(木下グループ)3-0 ポーリーナ・クシシェク
11-5/11-3/11-4

男子予選リーググループ3結果(10月3日時点)

中国香港(2勝0敗)
ハンガリー(2勝1敗)
日本(2勝0敗)
イラン(0勝3敗)
ルーマニア(0勝2敗)

女子予選リーググループ2結果(10月3日時点)

スロバキア(2勝1敗)
日本(2勝0敗)
ハンガリー(1勝1敗)
ポーランド(1勝1敗)
ウズベキスタン(0勝3敗)

10月3日日本代表試合予定

男子

vs中国香港(17:00〜)

女子

vsハンガリー(20:00〜)

文:ラリーズ編集部