<世界卓球選手権成都大会2022 日程:9月30日〜10月9日 日程:成都(中国)>

5日、世界選手権は大会6日目を迎え、男子日本代表は決勝トーナメント1回戦でブラジルと対戦した。

1番では戸上隼輔(明治大)が、世界ランキング5位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)と対戦。戸上は前陣での両ハンド、カルデラノは中陣からの引き合いで得点を重ねる。

2度のデュースを含むも戸上が台上で先手を取り第3、第4ゲームを連取して日本勢に先制点をもたらした。

張本智和
写真:張本智和(IMG)/提供:ITTFWorld

続く2番は、張本智和(IMG)がエリック・ジョウチー(ブラジル)相手に得意のバックハンドでリードを広げる。そのままの勢いで3ゲームを連取した。

及川瑞基
写真:及川瑞基(木下グループ)/提供:WTT

勝利に王手をかけた日本の3番手には及川瑞基(木下グループ)が登場。ビトル・イシイ(ブラジル)相手に多彩なサービスと積極的な攻撃で2ゲームを連取。

第3ゲームではイシイにリードを許すも、ラリー戦を軸に及川が追いつき最後は11-9で及川が3-0のストレート勝利を飾った。

勝利した男子日本代表は2回戦で、6日に行われるポルトガル対スロベニアの勝利チームと対戦する。

男子決勝トーナメント1回戦

〇日本 3-0 ブラジル

〇戸上隼輔(明治大) 3-1 ウーゴ・カルデラノ
11-13/12-10/11-8/11-7

〇張本智和(IMG) 3-0 エリック・ジョウチー
11-4/11-5/11-7

〇及川瑞基(木下グループ) 3-0 ビトル・イシイ
11-8/11-4/11-9

張本智和(IMG)- ウーゴ・カルデラノ

戸上隼輔(明治大)- エリック・ジョウチー

男子決勝トーナメント2回戦

日本 – (ポルトガルVSスロベニアの勝者)

文:ラリーズ編集部