<卓球・WTTコンテンダーノバ・ゴリツァ2022 日程:10月31日〜11月6日 場所:ノバ・ゴリツァ(スロベニア)>

4日、WTTコンテンダーノバ・ゴリツァは大会5日目を終え、男女シングルスのベスト8、男女ダブルスのベスト4、混合ダブルスのファイナリストが決定した。

及川瑞基、篠塚大登が準々決勝進出

男子シングルス2回戦には、及川瑞基(木下グループ)、篠塚大登、田中佑汰(ともに愛知工業大)が登場した。及川は、世界卓球2021ダブルス準優勝の林鐘勲(イムジョンフン・韓国)との対決となった。

及川瑞基(木下グループ)
写真:及川瑞基(木下グループ)/提供:WTT

第1ゲームから激しい打撃戦が続くも、安定感と威力を兼ね備えた両ハンドを見せた及川が、ゲームカウント3-1で勝利を収めた。

準々決勝では、2回戦でリアム・ピッチフォード(イングランド)を下した台湾の新星・馮翊新(フェンイーシン・チャイニーズタイペイ)と対戦する。

篠塚大登(愛知工業大)
写真:篠塚大登(愛知工業大)/提供:WTT

篠塚は、Iulian CHIRITA(ルーマニア)と対戦し、先に2ゲームを奪われるも、切れ味の鋭い両ハンドを駆使し、フルゲームの末勝利を収めた。

田中は、カットマンのルーウェン・フィルス(ドイツ)と対戦。田中は凄まじい威力の両ハンドドライブで1ゲームを奪ったが、カットと攻撃を自在に使い分けるフィルスの前に、ゲームカウント1-3で惜しくも敗退となった。

長﨑美柚、小塩遥菜がベテランを下し8強入りを決める

女子シングルス2回戦には、長﨑美柚(木下グループ)、小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)が登場した。

長崎は、1回戦で第1シードの杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港)を下した大ベテラン、倪夏蓮(ニーシャーリエン・ルクセンブルク)との対戦となる。表ソフトと粒高から繰り出す相手の変化攻撃を上手くかわした長崎が、ゲームカウント3-0で勝利を収めた。

小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)
写真:小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)/提供:WTT

小塩は、マルガリタ・ペソツカ(ウクライナ)との対戦となり、変化の激しいカットと鋭い攻撃で相手を圧倒。ゲームカウント3-0で勝利を収め、準々決勝進出を決めた。

男子ダブルスは2ペアが準決勝進出

男子ダブルスでは、戸上隼輔(明治大)/篠塚大登(愛知工業大)ペア、及川瑞基(木下グループ)/田中佑汰(愛知工業大)ペアが共に準決勝進出を決めた。

戸上隼輔(明治大)/篠塚大登(愛知工業大)
写真:戸上隼輔(明治大)/篠塚大登(愛知工業大)/提供:WTT

準決勝では、戸上/篠塚ペアは趙大成(チョデソン)/李尚洙(イサンス・韓国)ペアと、及川/田中ペアはダルコ・ヨルジッチ(スロべニア)/トーマス・ポランスキー(チェコ)ペアとの対戦となり、どちらも強敵との一戦となる。

4日日本選手試合結果

男子シングルス2回戦

田中佑汰(愛知工業大)1-3 ルーウェン・フィルス(ドイツ)〇

〇及川瑞基(木下グループ)3-1 林鐘勲(イムジョンフン・韓国)

〇篠塚大登(愛知工業大)3-2 Iulian CHIRITA(ルーマニア)

女子シングルス2回戦

〇長﨑美柚(木下グループ)3-0 倪夏蓮(ニーシャーリエン・ルクセンブルク)

〇小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)3-0 マルガリタ・ペソツカ(ウクライナ)

男子ダブルス準々決勝

〇戸上隼輔(明治大)/篠塚大登(愛知工業大)3-1 ナンダー・エチェキ/アダム・シューディー(ハンガリー)

〇及川瑞基(木下グループ)/田中佑汰(愛知工業大)3-1 アレグロ・マーティン/ランビエ・フローレント(ベルギー)

5日日本選手試合予定

男子シングルス3回戦

及川瑞基(木下グループ)- 馮翊新(フェンイーシン・チャイニーズタイペイ)

篠塚大登(愛知工業大)- 李尚洙(イサンス・韓国)

女子シングルス3回戦

長﨑美柚(木下グループ)- 申裕斌(シンユビン・韓国)

小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)- サウェータブット・スターシニー(タイ)

男子ダブルス準決勝

戸上隼輔(明治大)/篠塚大登(愛知工業大)- 趙大成(チョデソン)/李尚洙(イサンス・韓国)

及川瑞基(木下グループ)/田中佑汰(愛知工業大)- ダルコ・ヨルジッチ(スロべニア)/トーマス・ポランスキー(チェコ)

文:ラリーズ編集部