北信越を代表する卓球強豪校が石川県にある遊学館高校卓球部だ。

卒業生には、2017年のインターハイで男子学校対抗準優勝に貢献した五十嵐史弥(滋賀県スポーツ協会/T.T彩たま)、出雲卓斗(ケアリッツ・アンド・パートナーズ)らを筆頭に実業団、大学卓球界で活躍する選手を多数輩出している。

今回は遊学館男子卓球部の植木大監督に話を聞いた。

立ち上げから監督を務める植木大監督

写真:植木大監督(遊学館高校) 遊学館高校卓球部創部から監督を務めている/撮影:ラリーズ編集部
写真:植木大監督(遊学館高校) 遊学館高校卓球部創部から監督を務めている/撮影:ラリーズ編集部

――植木監督が遊学館高校卓球部の監督に就任したのはどういう経緯なのでしょうか?
植木大監督:遊学館高校が男女共学になる際に、今副理事長をされてる向先生が、中京大の卓球部の大先輩にあたる方で、「うちでやってみないか?」と言われたのが縁で、今現在に至ります。

男子卓球部は1期生1年生5名から始めました。当初は教員というよりも先輩と後輩というような感じで、寮生活も練習も一緒にやっていました。

当時かなり厳しく指導していましたが、1期生の子達がそれに付いてきてくれたのが今に繋がってるので、1期生には感謝しかないです。

写真:遊学館高校卓球部練習の様子/撮影:ラリーズ編集部
写真:遊学館高校卓球部練習の様子/撮影:ラリーズ編集部

――今では全国でも上位常連の強豪校となりましたが、1期目の成績はどうだったんでしょうか?
植木大監督:なんとなく北信越なら1期生だけでもいけるんじゃないか、と少し甘く見ていたところもあり、最初の県大会ベスト8でした。

新人戦で2位まで行けたのですが、結局優勝できず。

翌年のインターハイ予選2年目では、絶対いけると確信を持ってたんですけど、決勝戦でまさか負けてしまい、監督やってから2年間全国に出られずに、その次の新人戦から優勝しまして、それからずっと連続優勝して北信越も今一応21連覇中です。

写真:練習に取り組む管琉乃介(遊学館高校)/撮影:ラリーズ編集部
写真:練習に取り組む管琉乃介(遊学館高校)/撮影:ラリーズ編集部

良夫賢父を育成して日本一を目指す

写真:植木大監督と桐野蓮大(遊学館高校)/撮影:ラリーズ編集部
写真:植木大監督と桐野蓮大(遊学館高校)/撮影:ラリーズ編集部

――立ち上げからずっとやっている中で、植木監督が大事にしている指導方針はどういうものでしょうか?
植木大監督:卓球を働き手にできる人というのは少ないと思うんですよね。

ですからいずれは卓球から離れていくことを考えると、やっぱり人間力を鍛えないといけない

遊学館が女子校だった金城高校の時に、良妻賢母、つまり良き妻賢き母を作るというのが教育方針でした。

私は男子の指導者なので、それをちょっと変えて、良夫賢父、良き夫賢き父を育成するのを目標にしながら日本一を目指すという風に決めて、指導しております。

写真:植木大監督と薜史斗(遊学館高)/撮影:ラリーズ編集部
写真:植木大監督と薜史斗(遊学館高)/撮影:ラリーズ編集部

――人間力に関する指導で、何か取り組んでいることはありますか?
植木大監督:2019年から近くの小学生の通学途中を見守る活動をしています。

もちろん生徒だけにやらせるわけにはいかないので、私も毎日立って小学生を見守っています。

見守り活動
写真:小学生見守り活動の様子/提供:遊学館高校卓球部

植木大監督:卓球以外のものですごく色んな勇気をもらったり、笑顔をもらったり、何か辛いことがあっても頑張りたいなというような気持ちが出てきたり、私自身も心が洗われています。

生徒はこの活動をやるようになってから、プレーに自信を持ったり、粘り強くなったりしたんじゃないかなと私は思ってます。

クリスマス
写真:クリスマスではコスプレ姿で見守り活動したとのこと/提供:遊学館高校卓球部

「生徒のことを1番に考えて下さる」

ここで植木監督の指導について、3年生主将の横谷星、続いて、2年生主将の桐野蓮大に聞いた。

――植木監督はどのような指導ですか?
横谷星:たまに練習相手をして下さり、技術の指導もあるんですけど、人としての指導もしてくださり、そこはチームのスキルアップに繋がっていると思います。

特に、コロナ禍で大会が無いときに「今が成長できるチャンスだぞ」という風に言って下さって、そこは自分もモチベーションになりましたし、その言葉は印象に残ってます。

桐野蓮大:植木先生は生徒のことを1番に考えて下さって、自分たちがなるべく負担のないようにして下さるので感謝しかないです。

人間力についてはよく言われて、「自分の部屋を綺麗にしろよ」とか「挨拶はしっかり」とか、そういう基本的なことを言われるので、遊学館に来てから成長できてるのかなと思います。

監督冥利に尽きるのは教え子と一緒に酒を飲むとき

再び植木監督に聞く。

――監督をしていて嬉しいときとはどういうときですか?
植木大監督:卒業していって、例えばお父さんになって「子供できた」と言って見せに来てくれたり、結婚式呼んでもらったりは嬉しいですね。

前も20年連続インターハイ出た時はOBみんながパーティーを開いてくれて、その時に彼らと一緒に飲む酒っていうのが、自分にとっては卓球から離れたそっちの部分の方がすごく嬉しいというか、監督冥利に尽きるというか。

彼らが良き夫賢き父になってることが、本当嬉しく思ってます。

遊学館
写真:遊学館高校卓球部練習の様子/撮影:ラリーズ編集部

――監督として、今後どういうチームにしていきたいかもお願いします。
植木大監督:目標はブレないです。

まだ日本一も取れてないんですが、卓球場にもあるように「遊学館から世界へ」。日の丸をつけて世界に出ていく選手が出ればなとは思ってます。

ただ、最終的な目標は「人間力向上」なので、良き夫賢き父を作って、彼らが何らかの形で卓球にずっと関わってくれたら私としては嬉しいなと思ってます。

写真:遊学館高校卓球部メンバー/撮影:ラリーズ編集部
写真:遊学館高校卓球部メンバー/撮影:ラリーズ編集部

取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)