<卓球・2022 全農CUP TOP32 船橋大会 日程:11月12日、13日 場所:船橋アリーナ(千葉県)>

12日、2022 全農CUP TOP32が船橋で開幕し、男子シングルス準々決勝が行われた。

吉山が前回王者・戸上を下す 張本智和が準決勝へ

写真:吉山僚一(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部
写真:吉山僚一(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部

吉山僚一(愛工大名電高)は前回王者の戸上隼輔(明治大)と対戦。吉山は冷静な試合運びで、前半2ゲームを連取。対する戸上は第3ゲームから巻き返しを図るが、終盤粘りを見せた吉山が拮抗したゲームを勝ち切り、フルゲームを制して、13日の準決勝へと駒を進めた。

写真:張本智和(IMG)/撮影:ラリーズ編集部
写真:張本智和(IMG)/撮影:ラリーズ編集部

張本智和(IMG)は、谷垣佑真(愛知工業大)と対戦。第1ゲームを落とすも、第2ゲームから抜群の安定感で流れを掴み、そのままの勢いで勝利を収め、準決勝へ進出した。

写真:篠塚大登(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:篠塚大登(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

吉村真晴(個人)と対戦した篠塚大登(愛知工業大)は先にリードする展開だったが、徐々にペースを掴み巻き返す吉村とフルゲームまでもつれ込む。最後は吉村の猛攻を防ぎきった篠塚が準決勝進出を決めた。

写真:田中佑汰(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:田中佑汰(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

一方、全日学王者の田中佑汰(愛知工業大)は吉村和弘(個人)と対戦。両者一歩も引かないゲーム展開となるが、後半にリードを保ち続けた田中が勝利を収めた。

男子シングルス準々決勝の結果と準決勝の組み合わせは以下の通り。

男子シングルス準々決勝結果

写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

戸上隼輔(明治大)3-4 吉山僚一(愛工大名電高)〇

写真:吉村和弘(個人)/撮影:ラリーズ編集部
写真:吉村和弘(個人)/撮影:ラリーズ編集部

吉村和弘(個人)2-4 田中佑汰(愛知工業大)〇

写真:吉村真晴(個人)/撮影:ラリーズ編集部
写真:吉村真晴(個人)/撮影:ラリーズ編集部

〇篠塚大登(愛知工業大)4-3 吉村真晴(個人)

写真:谷垣佑真(愛知工業大)撮影:ラリーズ編集部
写真:谷垣佑真(愛知工業大)撮影:ラリーズ編集部

谷垣佑真(愛知工業大)1-4 張本智和(IMG)〇

男子シングルス準決勝組み合わせ(13日)

吉山僚一(愛工大名電高)- 田中佑汰(愛知工業大)

篠塚大登(愛知工業大)- 張本智和(IMG)

文:ラリーズ編集部