<卓球・2022 全農CUP TOP32 船橋大会 日程:11月12日、13日 場所:船橋アリーナ(千葉県)>

13日、2022 全農CUP TOP32が船橋で2日目を迎え、男女シングルス準決勝が行われた。

全日学王者・田中佑汰、好調の吉山破り決勝へ

男子シングルス準決勝では、全日学王者の田中佑汰(愛知工業大)と吉山僚一(愛工大名電高)が対戦。序盤で吉山が1ゲーム奪うも田中が3ゲームを連取。打開策を見つけたい吉山はデュースを制して1ゲーム取り返すが、反撃もここまで。最後は田中が11-6で決勝進出を決めた。

張本智和(IMG)
写真:張本智和(IMG)/撮影:ラリーズ編集部

WTTカップファイナル準優勝の張本智和(IMG)は、先日のWTTコンテンダーノバ・ゴリツァ単複2冠の篠塚大登(愛知工業大)と対戦した。ゲームカウント3-1で張本が王手をかけるが、篠塚が2ゲームを取り返して勝負は最終ゲームへ。会場がどよめくほどの激しいラリー戦が繰り広げられた一戦は、フルゲームデュースの末張本が勝利。決勝進出を決めた。

女子シングルス準決勝では、平野美宇(木下グループ)と芝田沙季(ミキハウス)が激突。互いに取って取られてを繰り返しゲームカウント2-2で並ぶが、平野がそこから2ゲームを連取して4-2で勝利をつかみ取った。

木原美悠
写真:木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)/撮影:ラリーズ編集部

また、早田ひな(日本生命)と木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)による世界選手権代表対決も行われた。早田が3ゲームを連取して決勝進出に王手をかけたが、木原が第4ゲームを取り反撃の狼煙を上げる。第5ゲームも木原が取り食らいつくが、第6ゲームは早田が11-9で制し、ゲームカウント4-2で早田が勝利を挙げた。

男女シングルス準決勝の結果と次戦の組み合わせは以下の通り。

男子シングルス準決勝結果

吉山僚一
写真:吉山僚一(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部

吉山僚一(愛工大名電高)2-4 田中佑汰(愛知工業大)〇
11-6/5-11/6-11/8-11/12-10/6-11

篠塚大登
写真:篠塚大登(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

篠塚大登(愛知工業大)3-4 張本智和(IMG)〇
11-9/7-11/6-11/6-11/11-8/12-10/11-13

女子シングルス準決勝結果

平野美宇
写真:平野美宇(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

〇平野美宇(木下グループ) 4-2 芝田沙季(ミキハウス)
11-7/2-11/11-8/8-11/11-5/11-9

早田ひな
写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

〇早田ひな(日本生命) 4-2 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)
12-10/11-7/11-8/8-11/7-11/11-9

決勝・3位決定戦組み合わせ

男子シングルス決勝

田中佑汰(愛知工業大) – 張本智和(IMG)

女子シングルス決勝

平野美宇(木下グループ) – 早田ひな(日本生命)

男子シングルス3位決定戦

吉山僚一(愛工大名電高) – 篠塚大登(愛知工業大)

女子シングルス3位決定戦

芝田沙季(ミキハウス) – 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)

文:ラリーズ編集部