<卓球・2022 全農CUP TOP32 船橋大会 日程:11月12日、13日 場所:船橋アリーナ(千葉県)>

13日、2022 全農CUP TOP32が船橋で2日目を迎え、男子シングルス決勝が行われた。

張本智和が自身2度目の選考会優勝

男子シングルス決勝戦には、準決勝で篠塚大登(愛知工業大)との激闘を制した張本智和(IMG)と、濱田一輝(早稲田大)、吉村和弘(個人)、吉山僚一(愛工大名電高)ら実力者を下して決勝に進んだ田中佑汰(愛知工業大)の一戦となった。

田中佑汰(愛知工業大)
写真:田中佑汰(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

台に吸い込まれるような質の高い両ハンドドライブで張本に迫った田中だったが、張本は破壊力のあるフォアドライブと打点の速いバックドライブで田中を圧倒。第3ゲームではリードを許す場面もあったが、終始張本が試合をリードし、ゲームカウント4-0で勝利。第1回選考会に続き2度目、Tリーグ個人戦を含めると3度目の選考会優勝を果たした。

男子シングルス決勝の結果試合後の張本、田中のコメントは以下の通り。

張本智和コメント

今大会を振り返って

自分の中では一番苦しかった選考会です。準決勝の篠塚戦でも追い込まれて負けそうになる場面もあり、アンラッキーなポイントが多い場面もありましたが、負けることがどれだけ苦しいか思い出しながら諦めずにプレーすることができ、その気持ちが優勝につながったと思います。

追われる立場としてのプレッシャーはあるか

追われるというよりかは、自分も一緒に走っている感覚です。ほかの選手が自分を追いかけて、自分は中国を追いかけていけば逃げていることにはならないと思いますし、五輪で金メダルを取るまでは自分もチャレンジャーの気持ちです。

国際大会引退を表明した丹羽孝希選手について

共に戦ったプレーヤーとしても、1人のファンとしても素直に残念ですが、丹羽さんが決めたことなので全力で尊重します。国内ではライバルですが、国際大会では丹羽さんの思いも背負って打倒中国に挑戦していきます。

今後について

Tリーグやアジアカップ、ヨーロッパチャンピオンズリーグがあるので、強いチームメイトとの経験を多く積んでいきたいです。また、全日本選手権で最近は優勝できていないので、全日本選手権でも優勝を目指していきます。

田中佑汰コメント

試合を振り返って

決勝の舞台に立てたことは自信になりましたが、決勝では後手に回ることが多く、自分のプレーができなかったことは悔しいです。特に第3ゲームでサービスの選択ミスをしてしまいゲームを取り切れなかったので、そこが悔やまれる点でした。

大会を通してのプレーでは、サービスからの得点率が高かったことが良い点でした。

今年に懸けているという言葉の真意とは

今年は大学4年生で、大学生としては最後の節目の年なので、それを自分の中でモチベーションとして結果を出したいと思っています。全日学優勝、今大会でも準優勝という結果を残せたので、この流れに乗っていきたいです。

今後について

今季から参戦しているフランスリーグや全日本選手権など、国内外の大会で結果を出していきたいです。

男子シングルス決勝戦

張本智和(IMG)4-0 田中佑汰(愛知工業大)
11-4/11-7/16-14/11-8

文:ラリーズ編集部