<卓球・2022 全農CUP TOP32 船橋大会 日程:11月12日、13日 場所:船橋アリーナ(千葉県)>

13日、2022 全農CUP TOP32が船橋で2日目を迎え、女子シングルス決勝が行われた。

平野美宇が早田ひなを下す

女子シングルス決勝には、伊藤美誠(スターツ)に勝利した平野美宇(木下グループ)と、準決勝で木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)との激闘を制した早田ひな(日本生命)が登場した。

早田ひな(日本生命)
写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

序盤は早田が試合の主導権を握り、ゲームカウント2-0とリードするも、第3ゲームを10連続ポイントで平野が奪うと流れが一変。早田のパワードライブを前陣で果敢にカウンターで攻めた平野が4ゲームを連取。逆転で選考会初優勝を飾った。

“ハリケーン”とも称される高速卓球を得意とする平野だが、東京五輪以降はその鳴りを潜めていた。しかし、今年4月のアジア競技大会選考会で優勝を果たすと、以降は国際大会でも徐々に勝ち星を挙げ始め、TOP32では3回目にして悲願の初優勝を掴み取った。

今大会の優勝で平野が大幅なポイント獲得を果たしたことで、パリ五輪選考ポイントランキングも大きく変動。今後の選考レースからも目が離せない。

女子シングルス決勝戦結果

〇平野美宇(木下グループ)4-2 早田ひな(日本生命)
9-11/8-11/11-4/11-9/11-3/11-5

文:ラリーズ編集部