<後期日本卓球リーグ三重大会 日程:11月16日〜20日 場所:サオリーナ(三重県)>

16日から2022年後期日本卓球リーグ三重大会が開幕する。今大会には日本リーグ所属の選手に加えて、ゴールド選手として多数の実力者が参加する。

男子1部見どころ

男子1部の注目は、前期大会で7期ぶり4度目の優勝を果たしたシチズン時計だ。

上村慶哉/酒井明日翔(シチズン時計)
写真:上村慶哉/酒井明日翔(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

前期では、シングルスで全勝し最高殊勲選手賞に輝いた御内健太郎、シングルス3勝を上げた三部航平、単複で大車輪の活躍を見せる上村慶哉と酒井明日翔の4人で優勝を掴んだ。後期でも並みいる強豪チームに勝利し、前後期制覇なるか。

藤村友也/松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)
写真:藤村友也/松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)/撮影:ラリーズ編集部

男子1部ではその他に、藤村友也、松下海輝のツインエースに、ゴールド選手の大島祐哉が加入している日鉄物流ブレイザーズや、全日本実業団選手権優勝のクローバー歯科カスピッズ、全農CUP TOP32船橋大会で活躍した谷垣佑真、世界卓球2022代表の横谷晟らを擁する愛知工業大学などが優勝候補に挙げられる。

女子1部見どころ

女子1部では、前期大会で9期ぶり5度目の優勝を果たしたサンリツに注目だ。

松平志穂(サンリツ)
写真:松平志穂(サンリツ)/撮影:ラリーズ編集部

前期最高殊勲選手賞の永尾尭子、ダブルスで7勝をあげた松平志穂を軸に、前回大会では石川佳純(昭和電工マテリアルズ)に勝利した出雲美空、ビッグトーナメントダブルス準優勝の塩見真希、梅村優香と充実の戦力で、後期も優勝を狙う。

写真:石川佳純(昭和電工マテリアルズ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:石川佳純(昭和電工マテリアルズ)/撮影:ラリーズ編集部

女子1部では他にも、成本綾海、井絢乃を擁する中国電力、ゴールド選手として石川佳純が登録されている昭和電工マテリアルズなどが優勝候補に挙げられる。

2部見どころ

2部では、前期2位の関西卓球アカデミーに注目したい。

小西海偉(関西卓球アカデミー)
小西海偉(関西卓球アカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

ビッグトーナメント男子シングルスで、2部チーム唯一のベスト8に進出したエースの坂根翔大、前期では7勝1敗と活躍を見せた元日本代表のゴールド選手、小西海偉を中心に、前期大会ではわずかに届かなかった2部優勝並びに1部昇格を狙う。

丹羽孝希(ケアリッツ・アンド・パートナーズ)
写真:丹羽孝希(ケアリッツ・アンド・パートナーズ)/撮影:ラリーズ編集部

また、ケアリッツ・アンド・パートナーズにはゴールド選手として丹羽孝希が登録されている。先日国際大会引退を発表したが、日本リーグの舞台では丹羽の速攻プレーが見られるか、こちらも要注目だ。

男女2部には、スポット出場として三重県選抜が参戦する。男子は菅沼湧輝、前出陸杜ら、女子は山脇ゆき、由井心菜らを中心に、上位進出を目指す。今大会も強豪チーム、強豪選手が多数参戦し、優勝争いから目が離せない。

男子1部参加チーム

シチズン時計
日鉄物流ブレイザーズ
愛知工業大学
クローバー歯科カスピッズ
日野キングフィッシャーズ
リコー
協和キリン
朝日大学

女子1部参加チーム

サンリツ
昭和電工マテリアルズ
中国電力
神戸松蔭女子学院大学
デンソー
十六銀行
エクセディ
豊田自動織機

男子2部参加チーム

信号器材
関西卓球アカデミー
瀬戸内スチール
ケアリッツ・アンド・パートナーズ
トヨタ自動車
協和発酵バイオ
豊田自動織機
JR北海道
琉球レオフォルテ
三重県選抜 ※スポット参戦

女子2部参加チーム

愛媛銀行
広島日野自動車
オークワ
百十四銀行
クローバー歯科フェアリーズ
朝日大学
JR北海道
中京大学 ※スポット参戦
三重県選抜 ※スポット参戦

ゴールド選手登録メンバー

大島祐哉(日鉄物流ブレイザーズ)
龍崎東寅(クローバー歯科カスピッズ)
石川佳純(昭和電工マテリアルズ)
小西海偉(関西卓球アカデミー)
安藤みなみ(広島日野自動車)
丹羽孝希(ケアリッツ・アンド・パートナーズ)

文:ラリーズ編集部