<後期日本卓球リーグ三重大会 日程:11月16日〜20日 場所:サオリーナ(三重県)>

19日、後期日本卓球リーグ三重大会は大会最終日を迎え、男子1部リーグでは日鉄物流ブレイザーズが初優勝を飾った。最高殊勲選手賞には1年目の髙見真己(日鉄物流ブレイザーズ)が選ばれた。

また、前後期の結果より12月10日〜11日で行われるファイナル4には、日鉄物流ブレイザーズ、シチズン時計、愛知工業大学、協和キリンの出場が決まった。

男子1部最終結果と個人表彰、団体表彰は以下の通り。

男子1部最終順位

1位 日鉄物流ブレイザーズ(初優勝)

日鉄物流ブレイザーズ
写真:日鉄物流ブレイザーズ/撮影:ラリーズ編集部

2位 協和キリン

協和キリン
写真:協和キリン/撮影:ラリーズ編集部

3位 愛知工業大学

愛知工業大学
写真:愛知工業大学/撮影:ラリーズ編集部

4位 日野キングフィッシャーズ
5位 シチズン時計 
6位 クローバー歯科カスピッズ
7位 リコー ※2部2位の関西卓球アカデミーとの入れ替え戦へ
8位 朝日大学 ※2部降格

男子1部個人表彰

最高殊勲選手賞

髙見真己(日鉄物流ブレイザーズ)

優秀選手賞

平野友樹(協和キリン)

優秀ペア賞

藤村友也/髙見真己(日鉄物流ブレイザーズ)

新人賞

髙見真己(日鉄物流ブレイザーズ)

ファインプレー賞

谷垣佑真(愛知工業大学)
船本将志(日野キングフィッシャーズ)

文:ラリーズ編集部