<後期日本卓球リーグ三重大会 日程:11月16日〜20日 場所:サオリーナ(三重県)>

19日、後期日本卓球リーグ三重大会は大会最終日を迎え、女子1部リーグではサンリツが前期に続き優勝を飾った。最高殊勲選手賞には出雲美空(サンリツ)が選ばれた。

また、前後期の結果より12月10日〜11日で行われるファイナル4には、サンリツ、中国電力、昭和電工マテリアルズ、神戸松蔭女子学院大学の出場が決まった。

女子1部最終結果と個人表彰、団体表彰は以下の通り。

女子1部最終順位

1位 サンリツ(2期連続6回目の優勝)

写真:サンリツ/撮影:ラリーズ編集部
写真:サンリツ/撮影:ラリーズ編集部

2位 中国電力

写真:中国電力/撮影:ラリーズ編集部
写真:中国電力/撮影:ラリーズ編集部

3位 デンソー

写真:デンソー/撮影:ラリーズ編集部
写真:デンソー/撮影:ラリーズ編集部

4位 神戸松蔭女子学院大学
5位 昭和電工マテリアルズ
6位 豊田自動織機
7位 エクセディ ※2部2位の広島日野自動車との入れ替え戦へ
8位 十六銀行 ※2部降格

女子1部個人表彰

最高殊勲選手賞

出雲美空(サンリツ)

優秀選手賞

牛嶋星羅(昭和電工マテリアルズ)

優秀ペア賞

成本綾海/井絢乃(中国電力)

新人賞

梅村優香(サンリツ)

ファインプレー賞

森田彩音(デンソー)
鶴岡菜月(神戸松蔭女子学院大学)

女子1部団体表彰

ジャンプアップチーム賞

豊田自動織機

文:ラリーズ編集部