<卓球・ドイツブンデスリーガ2022-2023シーズン第8節>

12月2日〜4日、ドイツブンデスリーガ1部の第8節が行われ、戸上隼輔(明治大)、村松雄斗(La.VIES)、宇田幸矢(明治大)が出場した。

戸上隼輔がブンデスリーガデビュー

第8節にして初のブンデスリーガ出場となったオクセンハウゼン所属の戸上は2点起用され、2番でデニ・コズル(スロベニア)と対戦。

2ゲームを連取され後が無くなるも、ここから本来の攻撃的なプレーで逆転勝利を収め、デビュー戦を白星で飾った。

戸上隼輔
写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

マッチカウント2-1で2回目の出場となった4番では、戸上は王熹(ワンシ・ドイツ)と対戦。今試合でも2ゲームを取り合う一進一退の攻防となったが、最終ゲームを惜しくも取られ、フルゲームの末敗れた。

チームも2-3で敗れ、戸上はデビュー戦を1勝1敗で終えた。

村松雄斗が2勝 宇田幸矢は2敗を喫す

村松雄斗が所属するマインツ05は、ノイ・ウルムとの対戦となった。村松は2番でLev KATSMAN(ロシア)、4番でウラジミール・シドレンコ(ロシア)に勝利し、チーム勝利に王手をかけた。

写真:村松雄斗(La.VIES/千葉)/撮影:ラリーズ編集部
写真:村松雄斗(La.VIES)/撮影:ラリーズ編集部

しかしラストのダブルスがフルゲームで敗れ、惜しくもチーム勝利とはならなかった。マインツ05は現在1勝7敗と苦戦が続いている。


写真:宇田幸矢(明治大)/提供:WTT

宇田幸矢(明治大)が所属するケーニヒスホーフェンは、ベルクノイシュタッドとの対戦となった。

宇田は1番で、世界卓球2022代表のベネディクト・デューダ(ドイツ)、4番でRomain RUIZ(フランス)共にゲームカウント1-3で敗れ、チームは3-2で勝利するも、宇田は2敗を喫した。

ドイツブンデスリーガ(1部)2022-2023シーズン第8節 日本選手出場試合結果

〇ノイ・ウルム 3-2 マインツ05

〇ウラジミール・シドレンコ(ロシア) 3-0 Andrei PUTUNTICA(モルドバ共和国)

Lev KATSMAN(ロシア)2-3 村松雄斗(La.VIES)〇

〇Maksim GREBNEV(ロシア)3-0 ルカ・ムラデノビッチ(ルクセンブルク)

シドレンコ 0-3 村松〇

〇 KATSMAN/GREBNEV 3-2 ムラデノビッチ/PUTUNTICA

〇グリュンヴェッターズバッハ 3-2 オクセンハウゼン

王熹(ワンシ・ドイツ)1-3 シモン・ゴーズィ(フランス)〇

デニ・コズル(スロベニア)2-3 戸上隼輔(明治大)〇

〇リチャード・ワルザー 3-1 アルバーロ・ロブレス(スペイン)

〇王熹 3-2 戸上

ワルザー/コズル 3-0 ゴーズィ/ロブレス

〇ケーニヒスホーフェン 3-2 ベルクノイシュタッド

宇田幸矢(明治大)1-3 ベネディクト・デューダ(ドイツ)〇

〇キリアン・オート(ドイツ)3-2 Romain RUIZ(フランス)

〇バスティアン・シュテガー(ドイツ) 3-0 Alberto MINO(エクアドル)

宇田 1-3 RUIZ〇

〇シュテガー/オート 3-2 デューダ/MINO

ドイツブンデスリーガ(1部)2022-2023シーズン第8節その他結果

〇ザールブリュッケン 3-2 ブレーメン

〇ミュールハウゼン 3-1 グレンツァオ

〇ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 フルダ・マーバーツェル

ドイツブンデスリーガ(1部)2022-2023シーズン順位(12/7時点)

1位:ボルシア・デュッセルドルフ(8勝0敗)
2位:ザールブリュッケン(6勝2敗)
3位:ノイ・ウルム(6勝2敗)
4位:オクセンハウゼン(5勝3敗)
5位:ブレーメン(4勝4敗)
6位:ミュールハウゼン(4勝4敗)
7位:ケーニヒスホーフェン(4勝4敗)
8位:グリュンヴェッターズバッハ(4勝4敗)
9位:ベルクノイシュタッド(2勝6敗)
10位:グレンツァオ(2勝6敗)
11位:フルダ・マーバーツェル(2勝6敗)
12位:マインツ05(1勝7敗)

ドイツブンデスリーガ(1部)2022-2023シーズン個人順位(12/7時点)

1位:アントン・ケルべリ(スウェーデン)(7勝0敗)
1位:ダルコ・ヨルジッチ(スロべニア)(7勝0敗)
3位:村松雄斗(La.VIES)(9勝2敗)
4位:カイ・ストンパー(ドイツ)(6勝0敗)
4位:ティモ・ボル(ドイツ)(5勝0敗)

文:ラリーズ編集部