<卓球・WTTスターコンテンダーゴア 日時:2月27日〜3月5日 場所:インド・ゴア>

2月26日、WTTスターコンテンダーゴアに出場予定の馬龍(マロン)、陳夢(チェンムン)ら6名の中国選手が、新型コロナウイルスと怪我のため欠場することがWTTから発表された。

中国選手が多数欠場

2月27日から開幕した、WTTスターコンテンダーゴア。世界トップランカーの中国選手も多数出場予定だったが、男子では五輪王者の馬龍、王楚欽(ワンチューチン)、女子では孫頴莎(スンイーシャ)、陳夢(チェンムン)、王曼昱(ワンマンユ)、何卓佳(フーズオジャー)の6名の中国選手が、新型コロナウイルスや怪我の影響により欠場することが発表された。

写真:陳夢(チェンムン・中国)/撮影:ラリーズ編集部
写真:陳夢(チェンムン・中国)/撮影:ラリーズ編集部

なお男子シングルスでは、梁靖崑(リャンジンクン・中国)、林高遠(リンガオユエン・中国)が追加登録され、女子シングルスでは、王藝迪(ワンイーディ・中国)、銭天一(チェンティエンイ・中国)、ユアンジャナン(フランス)が追加登録され、本戦から出場する。

またも女子シングルスでは、Liu Hsing-Yin(チャイニーズタイペイ)が予選免除となり、繰り上げで本戦出場となることも併せて発表された。


写真:張本智和(IMG)/提供:WTT

上位中国選手の多数が欠場したことにより、世界トップクラスの実力者が集う今大会では、更なる波乱の展開となることが予想される。

文:ラリーズ編集部