<卓球・ノジマTリーグ2023‐2024シーズン 日程:11月4日 場所:いしかわ総合体育館>

金沢ポートは、T.T彩たまとの初対戦で嬉しいストレート勝利を飾り、盛り上がる金沢のホームマッチ会場を沸かせた。

初出場の台湾代表・廖振珽(リャオチェンティン)もダブルスで勝利、白熱の接戦をものにした金沢ポートが勝ち点4をもぎとり、4日時点で5位に浮上した。

初ペアリングの国際ペアが躍動

廖振珽(リャオチェンティン)と趙勝敏(チョスンミン)
写真:廖振珽(リャオチェンティン)と趙勝敏(チョスンミン・金沢ポート)/撮影:ラリーズ編集部

金沢ポートは1番ダブルスに、新加入の廖振珽(リャオチェンティン)と趙勝敏(チョスンミン)の国際ペアを起用。今回が初のペアリングとなった廖振珽/趙勝敏ペアだが、ともに国際大会のダブルス種目で優勝経験のある選手同士。今シーズンのTリーグで3連勝中の小林広夢/曽根翔(T.T彩たま)ペアから第1ゲームを11-4で奪い、流れを掴む。

小林広夢/曽根翔
写真:小林広夢と曽根翔(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

続く第2ゲームは、曽根のフォアドライブを中心に彩たまペアが得点を重ねるも、廖振珽/趙勝敏ペアはラリー戦で無類の強さを発揮。互いにポイントを奪い合う展開となるも、廖振珽/趙勝敏ペアが先にマッチポイントを握る。その後10-10まで追いつかれるが、最後は曽根のバックドライブがオーバーし、勝負あり。廖振珽/趙勝敏ペアが完勝を収め、貴重な1勝を挙げた。

新戦力・安宰賢を撃破

2番シングルスでは、田中佑汰(金沢ポート)と安宰賢(アンジェヒョン・T.T彩たま)が対戦。世界ランキング40位の安宰賢は、先日加入が発表されたばかりの新戦力。試合は序盤から、下馬評通りの実力を見せる安宰賢が得意のハイトスサービスからのフォアドライブで得点を重ねる。田中も負けじとバックドライブで応戦して第2ゲームを制するも、第1、第3ゲームを安宰賢が取り、安宰賢が先に王手をかける。

安宰賢(アンジェヒョン)
写真:安宰賢(アンジェヒョン・T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

続く第4ゲームは田中が9-2までリードしていたものの、途中から安宰賢が巻き込みサービスに変更。このサービスに田中は苦戦し、10-10まで追いつかれる。このまま安宰賢が一気に逆転するかと思われたが、10-10で田中が安宰賢のサービスを執念のチキータ。これが安宰賢のネットミスを誘い、このゲームは田中がなんとか奪取した。

田中佑汰
写真:田中佑汰(金沢ポート)/撮影:ラリーズ編集部

最終第5ゲームも一進一退の攻防が続くが、8-9から田中が正確な両ハンド連打で2ポイントを連取。最後も、田中がバック対バックのラリーを取り切って、試合終了。田中がフルゲームの激戦を制し、チームの勢いを加速させる2勝目を挙げた。

元日本代表との激戦制す

高木和卓
写真:高木和卓(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

3番シングルスには、この日ダブルスで勝利を挙げた趙勝敏と元日本代表の高木和卓(T.T彩たま)が出場。ダブルスでの勢いのまま試合を進めたい趙勝敏だったが、第1ゲームは高木和のサービスからの3球目攻撃に苦しみ、8-11でゲームを落とす。続く第2ゲームは趙勝敏がペースを掴んで奪い返すも、第3ゲームは再び高木和の3球目攻撃に苦しめられ、ゲームカウント1-2で追い詰められる。

趙勝敏
写真:趙勝敏(チョスンミン・金沢ポート)/撮影:ラリーズ編集部

勝負の第4ゲームでも高木和の積極的な攻撃に苦しめられるも、趙勝敏はカウンターやラリー戦で勝負強さを発揮。高木和に先にマッチポイントを握られるも逆転し、勝負は最終第5ゲームへ。

第5ゲームも激しい打ち合いが繰り広げられ、またも高木和が先にマッチポイント。しかし、趙勝敏は決して焦りを見せず、2ポイント連取で11-10と逆転。最後は高木和のチキータがオーバーして、ゲームセット。趙勝敏が逆転勝利を決め、マッチカウント3-0とした金沢ポートが勝利を確定させた。

主将・松平が圧巻の完勝

英田理志
写真:英田理志(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

第4ゲームには、金沢ポートから主将の松平健太、T.T彩たまからは英田理志が出場。勝利が決まった金沢ポートだったが、勝ち点4を獲得するためには、この試合での勝利も必須。そんなチームの思いを受けた松平は、序盤からバックドライブが冴えわたり、第1ゲームを11-7、第2ゲームを11-3で奪取し、早々に勝利に王手をかける。

松平健太
写真:松平健太(金沢ポート)/撮影:ラリーズ編集部

第3ゲームからは徐々に英田も粘りを見せてポイントを重ねるが、松平の勢いは止まらない。最後は8-10の劣勢から3連続ポイントで逆転し、11-10で勝利。ストレートで英田を下す活躍を見せた松平が、金沢ポートに今シーズン初の勝ち点4をもたらした。

“全員卓球”で勝利を掴んだ金沢ポートは、T.T彩たまを抜いて5位に浮上。金沢ポートは5日に静岡ジェード、琉球アスティーダと、1日2試合のダブルヘッダーを戦う。

〇金沢ポート 4-0 T.T彩たま

金沢ポート
写真:金沢ポート/撮影:ラリーズ編集部

〇趙勝敏(チョスンミン)/廖振珽(リャオチェンティン)2-0 小林広夢/曽根翔
11-4/11-10

〇田中佑汰 3-2 安宰賢(アンジェヒョン)
8-11/11-8/9-11/11-10/11-9

〇趙勝敏(チョスンミン)3-2 高木和卓
8-11/11-3/6-11/11-10/12-10

〇松平健太 3-0 英田理志
11-7/11-3/11-10

ノジマTリーグ2023‐2024シーズン男子順位(11月4日現在)

1位:木下マイスター東京(勝ち点24/7勝3敗)
2位:琉球アスティーダ(勝ち点23/7勝3敗)
3位:岡山リベッツ(勝ち点17/5勝4敗)
4位:静岡ジェード(勝ち点14/4勝5敗)
5位:金沢ポート(勝ち点11/3勝5敗)
6位:T.T彩たま(勝ち点8/2勝8敗)

文:ラリーズ編集部