今年の5月発表時、わりと大きな反応をいただいた、AIで卓球のエッジを判定するシステム『ダイワの1mm』ですが、その後も開発を進めています。

今回は、1回目の検証実験をダイワ通信本社で行い、かなり成果を感じられたので、その様子とここまでの進捗をお伝えします。

ダイワの1mm
写真:「ダイワの1mm」検証実験の様子/提供:金沢ポート

「ダイワの1mm」プロジェクトスタートのきっかけ

石川県金沢市に本社を持つ上場企業・ダイワ通信株式会社は、Rallysが経営参画するTリーグチーム・金沢ポートのトップパートナーです。
チーム立ち上げまもなくから、岩本社長他みなさんに何度もお会いしてパートナーセールスを行うなかで、ダイワ通信が主軸とするAI・防犯カメラ技術の知見を生かした事業を一緒に生かした施策ができないかという話が出ました。

ダイワ通信
写真:岩本秀成社長(ダイワ通信・写真右)と槌谷(写真左)/提供:金沢ポート

国際大会でさえ、主審と副審の視覚だけで判断している(リプレイ動画もボールの軌道を目で見る)の卓球審判に、リアルタイムでAI判定の情報を提供できないだろうか。あくまで、審判のひとつの判断材料として。

国際大会の、しかも勝負どころで“疑惑の判定”を生んできた、エッジ/サイド判定のことが浮かびました。

2009年世界卓球選手権横浜大会男子ダブルス準々決勝   水谷隼/岸川聖也 vs ガオ・ニン/ヤン・ズィ(シンガポール)
写真:エッジかサイドかの判定で紛糾した2009年世界卓球選手権横浜大会男子ダブルス準々決勝 水谷隼/岸川聖也 vs ガオ・ニン/ヤン・ズィ(シンガポール)/提供:アフロスポーツ

AI時代に提供できる材料として

少なくとも、ボールがエッジに触れたか触れてないか、それがエッジかサイドかの情報提供は、現在のテクノロジーが解決できるはずです。

トップ選手では、最速で120km、多くて毎秒170回転とも言われる卓球のボールのわずかな接触を、人間の視覚だけで判断することの難しさ。
かつ、計測範囲は他競技と比べてずいぶん狭い、たった縦274cm × 幅152.5cmの卓球台のどこに当たったか当たってないか、だけなのです。

ダイワの1mm
写真:モニターにリアルタイム表示される卓球台の振動の波形/提供:金沢ポート

折しも、サッカーワールドカップでの“三笘の1ミリ”が話題になっていた時期でした。

ボール内蔵チップがボールの位置やタイミングをおよそ1/500秒単位で計測し、ピッチを俯瞰する多くの“ホークアイ”カメラが映像を瞬時に組み合わせ、審判に提供する。さらには場内大型スクリーンで再現CGが再生されることで、観客の理解も促す。

その一連の技術は人工知能(AI)が支えていました。

三笘の1ミリ
写真:“三笘の1mm”/提供:AP/アフロ

卓球にこそ導入するべきだし、できるはずだ、という思いで一致し、やるからには最終的には市民大会レベルでも廉価で導入できて、その技術を多くの人が享受できる未来を目指そう。

金沢市入江の徒歩3分の距離に互いの拠点を持つ、ダイワ通信と金沢ポートの共同開発がスタートしました。

ダイワの1mm
写真:検証実験でエッジ/サイドのギリギリを狙う五十嵐史弥選手/提供:金沢ポート

「ダイワの1mm」の画期的な特徴

当初は、ダイワ通信の主軸事業である防犯カメラ技術を用いて、ハイフレームカメラとAI技術のみを組み合わせる方向で開発を始めました。

しかし、精度の高い判定結果を出すには、1台につき複数のハイフレームカメラが必要となること、選手がカメラに被る場面の想定、リアルタイム判定に時間がかかってしまうこと、汎用モデル開発が難しいことなどがわかってきました。

ダイワ通信
写真:検証実験に用意されたハイフレームカメラ/撮影:金沢ポート

そこで、卓球台のサイド面に最先端技術のセンサーテープを貼る方向に方針転換したのです。
ちょうど「三笘の1ミリ」が、ボールに内蔵されたセンサーチップによって計測されたように。

これにより、審判のエッジ/サイド判断の際に提供される情報が、これまでのビデオ判定を含む「ボールの軌道を見る人間の視覚情報」から「卓球台の当たった場所で異なる振動波形からAIが判断する確率情報」へと変化することが、今回の「ダイワの1mm」開発の最も画期的なところだと、私は考えています。

ダイワの1mm
写真:まだ実験段階のセンサーテープ、製品化の段階では卓球台に内蔵も検討したいとのこと/撮影:金沢ポート

現在地と今後の開発予定

では、「ダイワの1mm」は具体的にどういう仕組みなのか、もう少し詳しくダイワ通信技術サポートの山田航さんに聞いてみました。

「サイドに貼ったセンサーテープに近ければ近いほど、振動を測定する数値は大きくなります。例えば0-100までの閾値だとすれば、サイドは100に近く、エッジはおよそ40-50前後を示します。天板の表面で行われる通常のラリーは10-20の範囲です。AI学習を繰り返すことによってその判断精度を高めていきます」

ダイワの1mm
写真:『ダイワの1mm』検証実験の様子/撮影:金沢ポート

五十嵐史弥選手「納得できる二次情報があるのはありがたい」

今回、フォア側からの引き合い、フォア前レシーブ、バック側からも、と、複数の方向からエッジ/サイドを狙うという、変わった実験に参加してもらった五十嵐選手に感想を聞いてみました。

「試合の中では入ったか入ってないか、選手は目で追えないときもあります。相手も含めて、すぐに納得できる二次情報があるのはありがたいです」

“こんなに簡単な機材なのに”と、驚きを隠せない様子の五十嵐選手でした。匠の技ほど簡単に見えるのは、卓球の技術とも少し似ているのかも。

ダイワの1mm
写真:ネットの検証実験も行った五十嵐史弥(金沢ポート)/提供:金沢ポート

「ダイワの1mmじゃなくて、0.1mmだった」

ダイワ通信の山田さんに、この日、実際に五十嵐選手に打ってもらった検証実験でわかったことはなにか聞いてみました。

「選手のボールに対しても、思った以上にしっかり数字が取れていたことは良い結果でした。明らかなエッジ、サイドについては現時点では間違いはありませんでした。反面、本当に必要なのは、エッジ/サイドの際どいボールの判定精度なので、そこはまだAI学習のサンプルが足りていないこともわかりました」

同じエッジでも、90°角に対してボールがどの入射角で入るかによって示す数字が異なるため(サイドに近いエッジは数値もサイドに近くなる)、サイド面のセンサーテープを貼る位置も含めて、まだまだこれから開発・検証が必要ということでした。

「始めてみると、卓球の場合1mmじゃなくて、0.1mmでしたね」と、岩本社長と社員のみなさんは、むしろ技術屋魂に火がついているように見えました。

ダイワ通信
写真:岩本秀成社長(ダイワ通信)/提供:金沢ポート

金沢ポートとダイワ通信の共同開発は続きます。いつか、市民大会で手軽にみなさんが実感できるシステムを目指して。

案外、他競技の方々も興味を持っていただいているようで、ダイワ通信の元には、他競技団体から“こっちでも一緒に開発できないか”という問い合わせも来ているとのことです。

プロスポーツチームのパートナーシップって、こういうことだと思っています。

新しい波は、金沢からやってきます。

ダイワ通信
写真:『ダイワの1mm』検証実験の様子/撮影:金沢ポート

参考:https://www.tokyo-np.co.jp/article/227713

取材・文:槌谷昭人(ラリーズ編集長 兼 金沢ポート取締役)