国際卓球連盟(ITTF)は10月31日、2023年第44週の世界ランキングを発表した。


2022年のWTTカップ・ファイナルのポイントなどが失効し、順位が変動した第44週の世界ランキング。

女子シングルスでは、早田ひな(日本生命)が先週から1つ順位を上げ4位にランクイン、自己最高位を更新した。

早田ひな(日本生命)
写真:早田ひな(日本生命)/提供:WTT

その他日本勢は伊藤美誠(スターツ)が第43週から1ランクダウンの10位、張本美和(木下アカデミー)が14位、平野美宇(木下グループ)が17位と続いている。

写真:長﨑美柚(木下グループ)/提供:WTT
写真:長﨑美柚(木下グループ)/提供:WTT

長﨑美柚(木下グループ)は1つ順位を上げ24位に位置つけており、木原美悠(木下グループ)は1つ順位を落とし25位となっている。

海外勢では、銭天一(チェンティエンイ・中国)が1つ順位を上げ6位に、ハン・イン(ドイツ)が1ランクアップで10位に位置つけている。

写真:銭天一(チェンティエンイ・中国)/提供:WTT
写真:銭天一(チェンティエンイ・中国)/提供:WTT

女子ダブルスでは、田志希(チョンジヒ)/申裕斌(シンユビン・韓国)ペアが1位、陳夢(チェンムン)/王藝迪(ワンイーディ・中国)ペアが2位、王曼昱(ワンマンユ)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)ペアが3位となっている。

写真:田志希(チョンジヒ)/申裕斌(シンユビン・韓国)/提供:WTT
写真:田志希(チョンジヒ)/申裕斌(シンユビン・韓国)/提供:WTT

日本勢は木原美悠/長﨑美柚(木下グループ)が7位、伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)ペアが10位となっている。

女子シングルストップ10、日本女子シングルスの100位まで、女子ダブルストップ5は以下の通り。

女子シングルス世界ランキングトップ10

1 孫穎莎(中国) 7330
2 陳夢(中国)  3470
3 王曼昱(中国) 3145
4 早田ひな(日本) 2740
5 王藝迪(中国) 2645
6 銭天一(中国) 2289
7 陳幸同(中国) 2225
8 申裕斌(韓国) 2095
9 ハン・イン(ドイツ) 1765
10 伊藤美誠(日本) 1735

※選手名右の数字はランキングポイント

日本女子シングルス世界ランキング(100位以内)

4 早田ひな(日本生命) 2740
10 伊藤美誠(スターツ) 1735
14 張本美和(木下アカデミー) 1365
17 平野美宇(木下グループ)1165
24 長﨑美柚(木下グループ) 830
25 木原美悠(木下グループ) 815
50 森さくら(日本生命) 392
71 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎) 275
77 笹尾明日香(日本生命) 231

※選手名右の数字はランキングポイント

女子ダブルス世界ランキングトップ5

1 田志希/申裕斌(韓国) 4620
2 陳夢/王藝迪(中国) 3490
3 王曼昱/孫穎莎(中国) 2790
4 鄭怡静/李昱諄(チャイニーズタイペイ) 1884
5 杜凱琹/ZHU Chengzhu(中国香港) 1540

※選手名右の数字はランキングポイント

文:ラリーズ編集部