<天皇杯・皇后杯 2023年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月23日〜29日 場所:東京体育館>

28日、全日本選手権は大会7日目を迎え、男子シングルスが終了した。

男子シングルス決勝では、6年ぶりの優勝を狙う張本智和(智和企画)と、3連覇を狙う戸上隼輔(明治大)の対戦となった。日本卓球史に残る大激戦の末、フルゲーム14-12で張本が勝利。6年ぶりの優勝を果たした。

男子シングルスランキングは以下の通り。

男子シングルスランキング

優勝:張本智和(智和企画)

写真:張本智和(智和企画)/撮影:ラリーズ編集部
写真:張本智和(智和企画)/撮影:ラリーズ編集部

準優勝:戸上隼輔(明治大)

写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

3位:篠塚大登(愛知工業大)

写真:篠塚大登(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:篠塚大登(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

3位:吉村真晴(TEAM MAHARU)

写真:吉村真晴(TEAM MAHARU)/撮影:ラリーズ編集部
写真:吉村真晴(TEAM MAHARU)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:田中佑汰(個人)

写真:田中佑汰(個人)/撮影:ラリーズ編集部
写真:田中佑汰(個人)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:高木和卓(ファースト)

写真:高木和卓(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部
写真:高木和卓(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:宇田幸矢(明治大)

写真:宇田幸矢(明治大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:宇田幸矢(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8:大島祐哉(木下グループ)

写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト16:丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)

写真:丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部
写真:丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト16:村松雄斗(鹿児島県スポーツ協会)

写真:村松雄斗(鹿児島県スポーツ協会)/撮影:ラリーズ編集部
写真:村松雄斗(鹿児島県スポーツ協会)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト16:加山雅基(愛工大名電高)

写真:加山雅基(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部
写真:加山雅基(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト16:松島輝空(木下アカデミー)

写真:松島輝空(木下アカデミー)/撮影:ラリーズ編集部
写真:松島輝空(木下アカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト16:小野寺翔平(リコー)

写真:小野寺翔平(リコー)/撮影:ラリーズ編集部
写真:小野寺翔平(リコー)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト16:吉山僚一(日本大)

写真:吉山僚一(日本大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:吉山僚一(日本大)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト16:横谷晟(愛知工業大)

写真:横谷晟(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:横谷晟(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト16:松平健太(ファースト)

写真:松平健太(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部
写真:松平健太(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

文:ラリーズ編集部