米Googleは現地時間28日、オフィス勤務の全ての従業員に対して、ワクチン接種を義務づけると発表した。


 これは、同社CEOのスンダー・ピチャイ氏が従業員に対して電子メールで明らかにしたもの。新型コロナウイルスのデルタ株感染拡大を受けたもので、同氏は「出社する人は皆、ワクチン接種を受ける必要があります。このポリシーは、今後数週間で米国で展開され、今後数か月で他の地域にも拡大される予定です」とコメント。「実施は地域の条件や規制によって異なり、ワクチンが居住地域で広く利用可能になるまで適用されません。また、医療またはその他の理由で予防接種を受けられない人のための例外プロセスの詳細についても(別途)共有します」としている。

 同社は昨年3月以来、原則在宅勤務としており、今年9月に出社再開を予定としていたが、デルタ株感染拡大を受けて、10月18日までこれを延期。同氏は「データを注意深く監視し、完全なオフィス復帰に移行する少なくとも30日前にお知らせします。特別な事情がある従業員に向けては、2021年末まで在宅勤務が可能となるようなオプションも共有します」と伝えた。