デリバリーサービスのmenuが、麒麟・川島明さんと森川葵さん出演の新CMを3月1日から放映開始します。『ゴッドタン』など多数の人気番組を手掛けた元テレビ東京の佐久間宣行さんの初CMプロデュースとなる今回のCMのセリフは「デリバリーはmenu!」のワンフレーズだけ。にもかかわらず、「取り調べ」篇、「訓練兵」篇、「恋愛ドラマ」篇と、ドラマ仕立てのCM3種類が一挙に放映されます。たったワンフレーズのセリフだけで喜怒哀楽を見事に表現した川島さんと森川さんの熱演に注目です!

CM放映直前の2月26日には、川島さんと佐久間さんが登壇した新CM発表会が都内某所で行われ、CM制作の裏話やおふたりのデリバリーに対する思いなどが語られました。

新CM発表会に登壇した佐久間宣行さん(左)と麒麟・川島明さん。テレビ東京プロデューサー・ディレクターとして数多くの人気番組を手掛けてきた佐久間さんにとって、今回が初のCMプロデュースになるそうです。あまり演技経験がないという川島さんは、佐久間さんの想像の何倍もの演技力を発揮して、狙い通りの面白いCMが出来上がったとか。

共演した女優の森川葵さんからはビデオメッセージが寄せられました。セリフが「デリバリーはmenu!」というセリフしかない中で、表情や声の大きさでどれだけ面白くなるかが見どころと語ってくれました。

ここからは質問コーナーです。司会者からの「CMだけにとらわれず、今後menuを総合プロデュースするとしたら?」という質問に対して佐久間さんの回答は「Tシャツ定期便」。収録の時は黒T、ビジネスの時は白Tを着ているという佐久間さん、大体一カ月もするとTシャツがくたびれてくるので、これを定期的に届けてくれるというサービスをやりたいそうです。

「経営する飲食店の看板メニューは?」という質問に、川島さんは「ケバブが名物料理だけど、この店の素晴らしいところはレシートもケバブ風」とイラスト入りで提案。

最後の質問は「4年後の目標」。川島さんは「もう一本、帯番組」。朝の帯番組をやっている川島さん、昼か夜にもう一本やることで“タスキ芸人”と呼ばれるように頑張りたいそうです。一方、佐久間さんの回答はまさかの「テレ東の外部取締役」で会場の笑いを誘いました。

新CM発表会の最後は、menu株式会社の執行役員 山敷 真さん(左)を交えてのフォトセッション。menuでは、新CM放映開始と同じ3月1日から一ヶ月間、注文したデリバリーグルメの口コミを投稿完了することで購入商品金額の最大半額分(※一回の還元金額上限は2,000円)をクーポンで即時還元する「半額祭」を開催します。なんと、この半額祭、還元回数の上限がないので、何度注文しても最大半額に! この機会にmenuでデリバリーグルメを堪能し尽くしてはいかが?