キッチンは熱がこもりやすいので、夏はあまり火を使いたくない…長時間キッチンにいたくない…という方は多いですよね。
外食や買ってきたお惣菜で済ますことも出来ますが、節約のためにも手料理をおうちで味わいたいものです。
今回は、夏に嬉しい、火を使わず短時間で出来る夏野菜料理をご紹介いたします。

【加熱調理なしの料理もいっぱい!】

料理=鍋、フライパン、と火を使う調理を思い浮かべるかもしれませんが、火を使わずに出来る料理もたくさんあります。

【■ピクルスやマリネ】
パプリカ、ピーマン、トマトなど生で食べられる野菜を切り、酢、塩、砂糖、油などの調味液に漬けます。

【■白和え】
好みの野菜を塩もみし水気を切ったら、水切りした豆腐と和えて調味します。

【■魚介のタルタル】
生食用のエビやマグロなどを角切りにし、玉ねぎやアボカド、トマトなどと和えて調味します。

【■ガスパチョ、冷製スープ】
トマトジュースや水出ししたお出汁に、刻んだ夏野菜を入れ調味します。

この他にも、生食用サーモンやしらすを使った丼や、ツナ缶やコンビーフ、ひよこ豆を使ったパテなどに、カラフルな夏野菜を加えれば、華やかな主食になります。

【電子レンジは強い味方!】

火を使わない時短料理の強い味方と言えば「電子レンジ」です。電子レンジがあれば、加熱調理をしないと食べられない食材も使えます。

例えば、なすを電子レンジにかけ、めんつゆをかければ煮びたしに。
オクラに肉を巻き付ける、ピーマンにひき肉を詰めるなど、生肉も電子レンジ調理で、簡単にメイン料理が作れます!

今年は、火を使わない夏野菜料理で、美味しく夏を乗り切りましょう!

(テキスト: 宇田川 みさき)