【離乳食の保存方法は「フリージング」】

離乳食は、茹でたりつぶしたりと作るのに手間がかかりますよね。赤ちゃんにはおいしい離乳食を食べさせてあげたいけど、毎食いちから手作りするのは大変。そんな時には「フリージング(冷凍保存)」がおすすめです。

おかゆや茹で野菜などをまとめて作ってフリージングすれば、離乳食も作り置きができます。食べる時は鍋や電子レンジで加熱するだけなので、離乳食作りがグッと手軽になりますよ。

【フリージングに不向きな食材は?】

おかゆ、麺類、肉、魚、野菜など、ほとんどの食材がフリージング可能です。しかし中には不向きな食材もあります。冷凍すると食感や品質が変わってしまう食材はフリージングには向きませんので控えましょう。

【■不向きな食材】

・豆腐
食感がぼそぼそとし、味も損なわれる

・プレーンヨーグルト
冷凍すると分離してしまう(加糖タイプならOK)

・茹で卵
白身がゴムのような固い食感になる(黄身のみならOK)

・こんにゃく
水分が抜けて食感がぼそぼそと固くなる

【フリージングの際の注意点】

フリージングをする時には、気を付けたい注意点があります。美味しさを保ち、衛生面でも安心して食べられるように、ポイントをおさえましょう。

【■冷凍するとき】

・清潔な調理器具を使い、食材が新鮮なうちに調理する
・調理後はしっかりと冷まし、空気に触れないよう密閉する
・1食分ずつ小分けにして冷凍する

【■解凍するとき】

・雑菌の繁殖を防ぐため、食べる前にはしっかりと加熱する(自然解凍はNG)
・一度解凍した食材は、再冷凍しない
・保存期間は1週間を目安に使い切る

【おすすめレシピ】

離乳食のフリージングは「おかゆ」「人参」「しらす」などの単品食材だけでなく、複数の食材を組み合わせた「おかず」もフリージングOKです。作り置きしておくと便利なおすすめレシピをご紹介します。

<いろいろ野菜のMIX>

人参、大根、玉ねぎなどお好みの野菜を月齢に合わせた大きさに刻み、やわらかくなるまで茹でて混ぜ合わせ、小分けにして冷凍する。
おかゆやうどんに混ぜれば、手軽に彩りや栄養価をUPできて便利です!

<成長に欠かせないタンパク質源となる肉や魚のおかず>

・鶏とかぼちゃの煮物風
茹でた鶏ひき肉に、茹でてつぶしたかぼちゃとだし汁を加えて混ぜ、小分けにして冷凍する。

・鮭ポテト
茹でてほぐした鮭に、茹でてつぶしたじゃが芋を加えて混ぜ、小分けにして冷凍する。

離乳食のフリージングを上手に活用しながら、赤ちゃんとの離乳食期を楽しく過ごしていけると良いですね。

(テキスト: 管理栄養士 板垣 好恵)